北海道にある文学碑・記念碑ほか

                                               大町芳章氏 監修

目  次  上川郡 東川町 天人峡
 桂月岳
 上川郡 上川町 層雲峡
 川 上郡 弟子屈町
 紋別郡 遠軽町
 紋別郡 湧別町
 野付郡 別海町



 上川郡東川町天人峡
 

     
富士山に登って 山の大きさを語り 
  
       
      大雪山に登って 山の広さを語れ     大町 桂月






 
 
桂月は、大正10年(1921年)8月22日上川町の層雲峡から大雪山系の縦走を果たし、26日に天人峡温泉(当時は松山温泉)に到着、宿泊しています。

 紀行文 「 層雲峡より大雪山へ・4大雪山の第三夜 」に、天人峡温泉がつぎのように記されています
 「
・・・(忠別川のこと)に沿い、数町下りて、松山温泉に投ず。忠別峡中の一軒屋也。・・・


 碑文は、紀行文 「 層雲峡より大雪山へ 」冒頭の有名な一節
 「 富士山に登って山岳の高さを語れ 
      大雪山に登って山岳の大きさを語れ 」
を碑にしたものです。

 
碑文と紀行文には少しの違いがありますが、「登山家 大町桂月」を思わせる貴重な碑です。

 
碑は、天人峡温泉 ホテル「天人閣」の前にあります。

 

 上川郡東川町天人峡 羽衣の滝


~ 羽衣の滝 ~


 「羽衣の滝」命名の看板 ~



 羽衣の滝は、桂月先生が命名したとされていますが、そのことを告げる案内板が、羽衣の滝への道の途中にありました。

            名勝 羽衣の滝

 羽衣の滝は、忠別川の支流アイシホップ沢川と双見
(ふたみ)川が合流する地点で、絶壁を左曲左折七段に分かれて落水する飛瀑であり落差は270mで北海道第一位を誇ります。

 
この滝は明治34年に発見され、夫婦滝(めおとだきと云われていましたが、大正7年(1918年)文人大町桂月が、この優れた風光を、千丈の懸崖(けんがい)雲上に連なり、懸崖欠(かくる処飛泉(ひせん)を挂(か)く、相看てただ誦(しょう)す 謫仙(たくせんの句、疑ふらくは是れ銀河の九天より落つるかと激賞(げきしょうしたと言われています。

 昭和26年
(1951年)9月6日北海道史跡名勝天然記念物に指定され、平成2年(1990年)4月28日には 「 日本の滝百選 」のひとつに選ばれています。
         東川町・東川観光協会  


 桂月は、層雲峡より大雪山へ・4大雪山の第三夜」に
 羽衣の滝を「日光の華厳瀧よりは遙かに高き也・・・羽衣瀧も閑却
(かんきゃく)すべからず・・・」と、雄大さを記しています。

   


 桂月岳 


左から 「黒岳」 「桂月岳」 「凌雲岳」
~ 層雲峡側から ~


 
 桂月は、大正10年(1921年)8月、層雲峡を出発し、まずは、当時は無名だった桂月岳にむかってハイマツ帯に苦しみながら岩石をぬって山頂に達した後、黒岳、北鎮岳、白雲岳、旭岳にも登頂しています。
 この登山は、桂月の冒険心を大いに満たし、「 人若(も)し余に北海道の山水を問はば、第一に大雪山を挙ぐべく、次に層雲峡を挙ぐべし・・ 」と、記しています。

 桂月登頂から5年後、大雪山系にある当時の無名峰に「桂月岳」と命名されています。

 桂月岳命名を告げられた桂月は、「 その儀には及ばない 」と応えたということです。
(「大町桂月の大雪山」より)


 左の写真は、層雲峡からロープーウエイで移動しての写真です。
 現在は、層雲峡からの登山は一般的になっていますが、当時は未踏の困難な登山ルートだったのです。


   



 上川郡上川町層雲峡  層雲峡の命名
 
   人若し余に北海道の山水を問はば第一に

 大雪山を
挙ぐべし。次に層雲峡を挙ぐべし。

  
大雪山は、頂上広くしてお花畑の多き点に

 於いて
層雲峡は、両崖の高く長く且
(かつ)奇抜

 なる点においてもいづれも天下無双也









~ 由来 ・・・ ~




 桂月は、大正12年(1923年)雑誌 「 太陽 」に、「 北海道山水の大観 」を発表しています。
そのなかで 「
(石狩河の)上流に層雲峡あり。奇抜にして雄偉なること、天下無双也。この無双の神秘峡に従来未だ名あるを聞かず。止むを得ず、層雲別の部落よりとりて命名したる也。 」と、書いています。(「大町桂月の大雪山」より)

 層雲峡にある大きな碑には・・・
 「 紀行文からの一節 」のプレート、「 桂月のレリーフ 」、そして 「 由来 」と題したプレートに層雲峡命名を次のように記しています


              由   来

 文豪 大町桂月は、大正10年8月、草深きこの地を訪れ、大函、小函などを探勝し、さらに黒岳沢を経て大雪山頂を極めた。

 桂月は、大雪山とこの地は全国にも類
(たぐい)まれなる景観を激賞し、ここを層雲峡と命名し、帰京するや格調高い美文を以って大雪山と層雲峡を世に紹介された。
 桂月来層50周年を記念し、この碑を建立して、その足跡を偲ぶものである。

  昭和46年秋
      層雲峡観光協会

         
会長 上川町長 野田 晴彦
 
碑は、層雲峡園地内にあります。


    
     ~ 銀河の滝 ~            ~ 流星の滝 ~

 

 層雲峡にある 「 銀河の滝 」 「 流星の滝 」 「 大函 」 「 小函 」も桂月が命名したといわれています。

 また、石狩川の層雲峡地区に、桂月が命名し、その岩の上に立ち黒岳、凌雲岳と無名峰(のちに桂月岳と命名)を仰いだとされる「 蓬莱岩 」は、今はなく長い年月の流れを感じました。

 


 上川郡上川町層雲峡   層雲閣グランドホテル
   
 桂月層雲峡誘致の中心人物であり、黒沢岳より大雪山登山の企画者が塩谷忠で、桂月岳命名も提案しています。
 塩谷氏は、「 北海タイムス 」などの記者として活躍、「 塩谷温泉 」
(現在の層雲峡温泉)の開拓者塩谷水次郎の養子です。
 塩谷温泉には、大正11年
(1922年)の大洪水で大被害の後譲渡され、層雲閣グランドホテルの前身層雲閣となりました。
                                                 


~ 2枚目のパネル ~






  層雲閣グランドホテルに「層雲峡漫画百年史」と題した、畳1丈ほどの大きなパネル3枚がありました。、

 アイヌ時代、安政4年大雪山踏破和人第一号から始まるこのパネルの2枚目に、「 大正10年8月 大町桂月層雲峡と命名 大函、小函、銀河、流星の滝、層雲閣の名付け親でもある 」と、大文字で書かれ紹介されていました。


 
そのなかに、「 ふんどしわらじの話は有名 」と桂月の似顔絵入りで描かれていました。 
 予定より日数を要した大雪山登山で、草鞋
(わらじ)が擦り切れてしまい、桂月と案内人のひとりである成田嘉助のふんどしで草鞋を編んで登山を続けたことを記しています。

 桂月の褌(ふんどし)で作られた草鞋について・・・
同行した田所貢
(碧洋)が記しています。
 「
・・・・・・『 この二つの褌は色が違いますね 』 と一同はまた笑った。・・・・・やがて、白と茶色のかすりの褌草履は、経に麻綱を入れて剛力達の手によって速やかに作られた。
それは頑丈な草履であった。
私は、『 この萬年草履は馥郁
(ふくいく)たる香を持っていますね 』 と云って再び一同笑した。私等は、その草鞋の恩澤(おんたく)に浴する資格がないので桂月翁の足につけられた。
そして、其所
(そこ)を発足した。 」 (「大町桂月の大雪山」より)
 
 このことは、「紀行文 「 層雲峡より大雪山へ・4大雪山の第三夜」のなかにも書かれています。

<参考>
 馥郁(ふくいく) ・・・よい香りのただようさま
 恩澤(おんたく) ・・・めぐみ・なさけ
 発足・・・=出発
 
 層雲閣グランドホテルに、桂月揮毫の掛け軸が展示されていました

  
 大 驚挙絶
 雪 倒火壑
 山 十偃懸
 上 丈松崖
 作 朱間手
 山 炎穴自
 口 照中攀
 君 四熊終
 清 山族宵
 鑒  應

   
 桂
 月


   

 大 塵嶂遠
 正 念屏来
 十 渾五渓
 年 散里谷
 夏 盡連奥
 遊 自山朝
 塩 疑高夕
 谷 身残浴
 温 是雪霊
 泉 仙白泉
 有  巌瀑
 作  古布
    土半
 大  花天
 町  鮮落
 桂
 月
  
<解読文>
 絶壑懸崖手自攀
 終宵挙火偃松間
 穴中熊族應驚倒
 十丈朱炎照四山

 
<読み下し文>
  ぜつがく けんがい  しゅ おの       よ
 
 絶壑 懸崖 手自ずから攀じ
  しゅうしょう  ひ   あ   えんしょう  かん
 
 終宵 火を挙ぐ偃松の間
  けっちゅう  ゆうぞく  きょうとう   こた
 
 穴中の熊族 驚倒に應え
  じゅうじょう  しゅえん  しざん    て
 
 十丈の朱炎 四山を照らす
                
      せいかん
    
大雪山上作 山口君 清鑑

<解 説>
 大雪山での5日目、一行は熊の動きにおびえ、
夜通し焚火をして朝を迎える。桂月も寒気に早
朝目を覚す。近くを散策すると熊の出没の跡を
目の当たりにする。桂月は岩上に登り、東天を
染めご来光の時を迎え神秘の光景に打たれな
がらこの詩を吟じています。
              
(「大町桂月の大雪山」より)


<参考>
 清鑒(せいかん)・・自分の詩文を人に示すこと

<解読文>
 遠来渓谷奥  朝夕浴霊泉
 瀑布半天落  嶂屏五里連
 山高残雪白  巌古土花鮮
 塵念渾散盡  自疑身是仙

<読み下し文>

 
とお きた  けいこく   おく   ちょうせき れいせん  ゆあみ
 
遠く来る渓谷の奥  朝夕 霊泉に浴す
 
 ばくふ はんてん   お      しょうへい ごり   つら
 瀑布半天に落ち   嶂屏 五里連なる
 
やまたか ざんせつ しろ      いわ   ふる  どか あざや
 山高く残雪 白く    巌は古く土花鮮かなり
 
じんねん すべ さん  つく      みず    うたが  み こ   せん
 
塵念渾て散じ尽し  自から疑う身是れ仙かと
                                      さく
   大正十年夏  塩谷温泉に遊び作有り

<解説>
 はるか遠く この渓谷にやってきました
 朝に夕に霊泉に浴しています
 この渓谷の滝は中空から落ちているようで
 嶂屏の様に連なる峰々は五里にもおよび
 ます
 山は高くそびえ、残雪が白く輝いています
 巌は太古からここに存在しているようでこの
 土地の花々は鮮やかです

 
世俗のけがれた思いはすべて吹き飛んでし
 まい、自分は仙人になったのかと疑ってしま
 います


   



 川上郡弟子屈町 川湯温泉
  

    密林缺處矮松連  風骨稜稜翠色鮮
    
憐殺托根無寸土  沮洳場裡遂天年

 
          川湯温泉作 桂月    遊大正十年 夏此地




~ 川湯神社 ~

<読み下し文>
 
みつりんか     ところ  わいしょうつら
 密林缺くる處 矮松連なる  
 
ふうこつりょうりょうすいしょく  あざやか
 風骨稜稜 翠色 鮮かなり
 
りんさつ   ね   たく    すんどな
 憐殺す根を托する寸土無し
 
そしょうじょうり てんねん   と
 沮洳場裡天年
を遂ぐ


<解説>
 茂った林がとぎれた所から背の低い松が連って
 いる
 松の形はしっかりと、葉は緑色に輝いている
 ただ、根を広げてゆく地面がないことを憐れんで
 いるが、水気の多い地なので、それぞれの寿命
 を全うしている


<参考>
 沮洳 ・・・水気の多い土地



 桂月は、大正10年(1921年)9月30日に大雪山登山を終えて、川湯温泉を訪れました。
 途中の屈斜路湖畔や、翌10月1日に硫黄岳登頂したその折に山麓に広がる偃松
(はえまつ)の美しさに感銘して詠んだ漢詩を揮毫しています。

 碑文は、桂月の直筆書を転写拡大したものです。

 碑は、川湯神社境内にあります。


   



 紋別郡遠軽
   

    あなたふと 平和の山の 
 
       
 湧き出でて  人の命をすくふ眞清水     桂月






<解説>
  あな尊 平和の山の 湧き出でて 
           人の命をすくう 真清水  
  


 桂月は、大正10年(1921年)大雪山登山を終えて9月6日、随行者田所貢とともにこの地を訪れています。

 
碑は遠軽町の社会福祉施設 「 北海道家庭学校 」の敷地内にありますが、この学校の創設者は留岡幸助氏で、大正3年(1914年)に創設されました。
 留岡氏の友人 国沢新兵衛氏は、高知の出身で桂月とは親戚筋にあたり、この縁で立ち寄ったものとされています。

 碑は、学校敷地内の「 生命の泉 」が湧き出ている傍らにあります。



   



6 紋別郡湧別(ゆうべつ)


     
奇花異草接天空    馬跡輪痕川字通
    
百里狭洲波浪裡    恍然疑是到龍宮
  

               
猿間湖作      桂月

   
雄大なサロマ湖は周囲92粁(キロメートル)延々24粁に及ぶ砂州によってオホーツク海と境し
  その景観は、
天橋立を彷彿とさせるものがある。大正10年網走を経て未湧の文豪大町桂月
  は、・・・
竜宮街道と命名。著書北海道山水大観に残した。
  昭和46年氏の直筆を実物大に刻し後世に伝えるべく
之を建つ   
                                         
湧別町





~ 龍宮展望台の碑・最前が桂月の碑 ~
(右上はオホーツク海)




(防潮堤の後方はオホーツク海)


~ 龍宮街道 ~
<読み下し文>
   きか いそう てんくう  せっ    ばせきりんこん かわ  じ   とお
  奇花異草天空に接す   馬跡輪痕川の字に通る
  
ひゃくり  きょうす はろう   うち    こうぜん    うたが これりゅうぐう いた
  百里の狭洲波浪の裡   恍然として疑う是龍宮に到るかと


<解説>
  ここにには珍しい草花があり、天空に接しているようだ
  馬車の通った跡は、川の字のように砂に残っている
  長く狭い洲は、波浪のなかにある
  この景色を眺めていると
恍然としてしまい、この道は龍宮
  へ続く道かと疑ってしまいます




 桂月は、大正10年(1921年)9月4日この地を訪れています。
 碑の建つ「竜宮台展望公園」の砂州に立つと、一方にオホーツク海、一方にはサロマ湖が手にとるように見ることができます。


 紀行文「 北海道山水の大観 8猿間湖 」に次のように記しています。
 「・・・猿間崎とても好きが、余は茲に竜宮街道と命名す。
あまり奇抜に失す。知らず世間に通用するや否や・・・
 天の橋立は、成相山より見れば、縦一文字となり、樗峠より見れば横一文字となる。これ天の橋立の一の特色也。
龍宮街道は、床丹方面より見れば、横一文字なるべきも、これを縦一文字に見るべき山なきを如何せむ。・・・ 」
と、天の橋立とその景観を比較しています。




 桂月先生の碑の後方には、昭和60年(1985年)に皇太子殿下と美智子妃殿下が訪れた時に美智子妃殿下が詠まれた
     砂州越えて オホーツクの海望みたり
               佐呂間の水に 稚魚放ちて 
の歌碑があります。


 また、その後方には「 龍宮の碑 」と題し
 「 昭和の始め、さけ定置網に大海亀が乗網し、めでたきことと漁民により酒を振る舞われ海中に戻った。
その秋、その定置網は押寄せたさけの大群に大豊漁となり、龍宮の地名と共に龍宮城からの贈りものでなかりしかと感謝の念をこめて鳥居などを建立し、大海亀の再来を祈ったといわれている。・・・ 」
と、刻字されています。




 桂月命名の「 竜宮街道 」・・・
 オホーツク海側の竜宮街道に沿って延びる砂防堤に
 「 明治の文豪大町桂月がこの地を訪れた時、オホーツク海とサロマ湖の雄大な景観に魅せられ『 龍宮城へ続く道 』と感銘・・・龍宮街道と名づけられ・・・ 」
の案内板に続いて「浦島太郎」の昔話が10コマほど描かれています。


<参考>
  恍然(こうぜん)・・・心をうばわれて、うっとりするさま
  奇抜に失す・・・奇抜すぎる

   



7 野付郡別海町尾岱沼


    野付湾にて

    網を干す 棒(さお)や烏鷗(うおう)の 物語り     桂 月







~ 野付半島のトドワラ ~


 桂月は、大正10年(1921年)9月18日尾岱沼(おだいとう)村を訪れています。

 この日の日記に
 「 尾岱沼村に着く・・・家々えびを干す、小魚を干す、鳥来たり食う。左に知床の山、右に根室岬、前は千島の山々、その前に野付半島・・・
と書かれています。
景色の良い尾岱沼ののどかな漁村風景がひろがります。



 また、紀行文 「 北海道山水の大観 9野付半島 」には次のように記しています。
 「 三保の松原は半島を成し、駿河湾に突出して、清水港を控えたり。之に類してなお一層偉大なるものを、根室の野付半島となす。根室海峡に突出して野付湾を控えたり。
三保半島の長さは一里なるが、野付半島の長さは五里もあり。
・・(略)・・
 その眺望は、世にも雄大を極む。後は茫漠
(ぼうばく)たる根室平原にて、奥に斜里岳骨立し、左は知床半島の連峯長く海に伸び、右は納沙布半島の丘陵長く海に伸ぶ。前は野付湾の彼方に野付半島横はる。その平砂は、野付湾と根室海峡との間に、絲(いと)の如き一線となり處(所)々の樹木は玉の如き一塊となる。
野付半島は、唯これ万丈の絲(いと)が、玉を連ねて海に浮かべる也。海峡の彼方には、千島の最南端なる国後の山嶽
(岳)、神の山かとも思われて、蒼海に雄視す。四面どちらを見ても、晴れやかにして、心いく處(所)也。駅馬にて乗りて通らば、何人も終日厭(飽)くことを知らざるべし。野付湾は浅くして海老多く、長汀曲浦(ちょうていきょくほ)相連りて、魚網夕陽に曝(さら)し、白帆○○、鷗(かもめ)の浮かべるに似たり。
北海道に遊びてここに至らば、まず北海道の山水の堂に上りたりといふべき也。 」



 碑は、国道244号沿いの見晴らしのよい尾岱沼(おたいとう)地区高台にあり、尾岱沼(おたいとう)地区の対岸は、野付半島です。
 

<参考>
 長汀曲浦(ちょうていきょくほ) ・・・海岸線がはるかに続いていること