紀行文 「山は富士、湖は十和田」
                                               

・・・旧字体は改め、数字は一部算用数字としました・・・
文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中

 日本の山水を比較し来たって余は日(いわ)んとす。『山は富士、湖は十和田』。
 山の富士には、何人(なにびと)も異議なかるべきも、湖の十和田は、或いは 『琵琶のまちがいにあらずや』 というものあらん。それまでにはなくとも、半信半疑の人多からん。あゝ、今の日本国民は未だ山湖の美を解せざるなり。

 琵琶湖も十和田湖も同じく湖水なり。されど琵琶は平地の湖にして、十和田は山上の湖なり。
平湖(へいこ)には平湖の趣あるが、一たび山湖(さんこ)の美を味わいたるものゝ目より見れば、平湖は綿布にして、山湖は錦繍(きんしゅう)なり。平湖と山湖との区別の大要をいわば、平湖はにごり、山湖は澄む。平湖は俗界に連続せるが、山湖は四面山に囲まれて、全く俗界と離れたる仙境なり。平湖の夏は苦熱と蚊とを去る能わざるが、山湖は蚊なく、夏なき清涼境なり。その他、空の色や、雲の姿や、日の光や、月の影や、鳥や、虫や、草や、木や、山湖とは到底くらべものにならざるなり。

 山湖は火山国に多きが、わが日本にては、富士以北にあつまれり。大きさについていわば、屈斜路湖、支笏湖、洞爺湖、猪苗代湖など、第一流なり。阿寒湖、摩周湖、田沢湖、中禅寺湖、富士山麓の五湖など、第二流なり。
十和田湖は大一流の大湖に属す。千三百尺の高さにありて、凡そ三里四方、周回十五里と称す。湖の形ほぼ丸きが、長さ一里ばかりなる山の半島二つ、十数町をへだてて、南方より湖面に突出す。これ他の山湖には見られざる十和田の特色なり。その巉巌ざんがん)絶壁は、巌という巌の奇を尽くし、変化を極わめ、これに生ふる樹木は、樹木という樹木の奇を尽くし、変化を極む。なお樹木を帯びたる巌の島の点綴(てんてつ)せるさえありて、実に両半島を有する十和田湖は、(ただ)わが国の山湖に傑出せるのみならず、世界万国の山湖にも、その比あるを聞かざるなり。

 されど、これ十和田湖の美の一半(いっぱん)に過ぎず。十和田湖はただ東北方のみ欠けて、奥入瀬川となる。焼山まで三里の間、川中に大小の巖石多くして、その幾百千なるを知らず。しかして巌石ごとに必ず苔若しくは樹木をおぶ。これ奥入瀬川の特色にして天下にその比を見ず。殊(こと)に老樹天を蔽(おお)い、両岸の絶壁より落ちる瀑布(ばくふ)多くして、応接にいとまあらず。これ十和田湖の美の他の一半(いっぱん)なり。奥入瀬川の美を加えて、愈々(いよいよ)以って、十和田湖は天下無双なり。『山は富士、湖は十和田』と言いたるついでに、『渓流は奥入瀬』といわざるを得ざるなり。

 以上は、余の平生口にする所なり。この言を以(も)って、小杉未醒画伯を誘えば 『とくに承知せる所なり。行(ゆ)いて見たしと思うこと久し。この夏は妻子を故郷の日光に遊ばせたり。自分は画室に籠城せんと定めたるが、思いきって、共に遊ばん』 という。
神代種亮(こうじろ たねすけ)は自ら進んで一行に加わる。氏は平生旅行せず。山湖の何たるかを知らざる連中なり。山水の遊行に熟せるものよりいわば、小学生なり。
未醒画伯たわむれに 『われ等二人、君の教師には勿体なし』とて、口を開いて笑う。『初めより直に十和田湖と奥入瀬とを見せるは、惜しきものなり』と余も合槌(あいづち)うちて笑う。神代氏ただ苦笑す。

 連日雨なくして、九十五、六度にも上れる東京の苦熱を後にして、汽車に乗れば、涼風窓より入り来たる。利根川を過ぐる頃、驟雨(しゅうう)来たりて、忽(たちま)ち生きかえりたる心地す。『東京へみやげにしたし』という一語、一隅(いちぐう)に聞こゆ。折からの警句なり。常陸(ひたち)の空、真っ黒くなりて、電光の折線おりおり地に達す。驟雨(しゅうう)一層激しくして、落雷せるなるべし。下野の空は晴れて、日光の山々あざやかに見ゆ。『あの山を見るにつけても、子供が思い出される』と、未醒画伯いう。この親心、日光山下に届くや否や。朱の神橋のかかる所、魚や釣れる。緑陰涼しき所、書や読める。画伯のやさしき親心にうごかされて、よそながら思いやらるゝなり。

<参考>青色文字について
 巉巌(ざんがん)・・切り立った険しい崖
 点綴(てんてつ)・・またの読み方は「てんてい」 ・ あちこちにほどよく散らばっているさま
 啻(ただ)に・・否定の語を用いてそれだけではないことを表す
 一半(いっぱん)・・半分
 瀑布(ばくふ)・・滝
 おぶ=帯ぶ
 天下無双(てんかむそう)・・天下に並ぶものがないほど、すぐれているさま
 95度・・35℃
 驟雨(しゅうう)・・にわか雨

小杉未醒(こすぎ みせい)
  1881年(明治14年)-1964年
   別号に、放庵。日光に生まれる。洋画・日本画家。
  桂月と共に十和田を訪れた。日光市に記念館がある。
神代種亮(こうじろ たねすけ)
 1883年(明治16年)-1935年
 日本の校正家で「校正の神様」といわれた。明治文学、書誌を研究した。桂月、未醒とともに十和田を訪れ十和田、八甲田に遊んでいる。

十和田湖(発荷峠から)
標高 400m
周囲 53km
面積 61k㎡
透明度  9m
最深部 326.8m
 
 古間木駅(ふるまぎえき)におり、小笠原松次郎氏に迎えられ、自動車にて、三本木の平野を過ぐ。目ざす十和田の山は雲にかくれたり。所々開墾せられたるが、人家は見えず。茫漠(ぼうばく)として大陸的なり。三本木町に至れば、川崎新兵衛氏に迎えられて太素塚に詣づ。これ新渡戸傳の墓なり。傍にその子十次郎の祠あり。この父子、奥入瀬川の水を引きて、三本木の市街ためになれり。今の新渡戸稲造博士は、十次郎の子にして、傳の孫なり。川崎氏等三本木開墾会社に従事して、水田更に開けたり。渋沢子爵も、ここに千町歩(せんちょうぶ)に余れる渋沢農場を開けリ。南部馬の本場にて、軍馬補充部の支部もあり。農学校もあり。軽便鉄道日ならずして、古間木より通ぜんとするなり。

<参考> 青色文字について
 古間木駅(ふるまぎえき)・・旧JR東北本線・現青い森鉄道「三沢駅」
 茫漠(ぼうばく)・・広々として、とりとめのないさま
 千町歩(せんちょうぶ)・・約1,000ヘクタール

太素塚
 転じて法蓮寺に詣でて、法心国師の木像を拝す。これその法弟道無禅師のきざめる所なり。道無の木像もあり。これ法心のきざめる所なり。道無の俗名は真壁経明、常陸真壁の領主なり。法心の名は平四郎、経明の僕なりけるが、事に触れて、経明の下駄にて頭を踏まれ、発憤して僧となり、唐に渡り、一代の名僧となれり。経明ために伝正寺を建てゝ、その弟子となれり。平四郎も平四郎なれば、経明も経明なり。平四郎は僕として非凡なり。経明は領主として非凡なり。
 さるに平四郎の法心は、俗塵(ぞくじん)いといて、ひそかに伝正寺をいでて松島の巌窟にひそみけるが、北条時頼に知られ、瑞巌寺を建てられて、その開山となれり。さるに法心はなお俗塵をきらい、瑞巌寺を出で、陸奥の倉岡にひそみけるが、道無遥(はるか)にたずねける。法心こばまず。この法蓮寺を建て、子弟互にその像をきざみあえるなり。
三本木は十和田に入る第一の関門なるが、法心国師と新渡戸翁との二巨人、左右に控えけるなり。

<参考>青色文字について
 俗塵(ぞくじん)・・俗世間の煩わしい事
 いとう=厭う・・嫌う


法蓮寺(十和田市洞内)
 三本木よりもまたも自動車をとばす。
十和田の神と仰ぐ南祖坊の生れたる善正寺の跡、今は絶えて、ただ公孫樹(いちょう)のみ存すと聞きて、ゆいて見る。大きさ十囲(い)、偉大なる『乳』いくつとなく垂れて地に達せんとす。げに千年の老木なり。
 焼山にて自動車を下(おり)れば、太田吉司氏われを迎う。一と月前より蔦温泉に浴して、保養がらら著述に従事せる次男も来たり迎う。行きし時には見られざりし顔色を見て、うれし涙目から落つ。半里ばかり蔦川に沿い、半里ばかり車を通ずる蔦坂をのぼり、提灯(ちょうちん)に迎えられて、蔦温泉の客となれり。

 爽快なる哉、都の暑さも、塵も汗も、山上の霊泉に一洗せられたり。
小笠原氏東道の主人となり、都よりの三人に次男も加わり、蔦山を出(い)でて焼山に下る。橋をはさみて、二、三の人家あり。物を売る。山中の小平原なり。三本木を十和田第一の関門とすれば、ここは第二の関門なり。
道は奥入瀬川の右岸に通ず。楊樹まづ人の目を惹(ひ)く。桂樹の多きことますますめづらし。されど左方より流れ来たる惣辺川(そうべがわ)を入るゝまでは、天下無類という程にもあらず。惣辺川は普通の渓流なり。水量も少からず。雨ふれば、忽(たちま)ちにごり、忽ち水量を増す。少し下の右方よりも、小幌内川、大幌内川、黄瀬川(おうせがわ)など、普通の渓流、来たり加わる。奥入瀬の本流もために普通の渓流とならざるを得ざるなり。されど、惣辺川をいれてより上は幾十の瀑布、小渓流をいるゝも、その水量は多からず。みなもとの十和田湖より奥入瀬川へかけて、斧斤(ふきん)入らざる山林なれば、雨ふるも、ふらぬも、殆んど水の増減なし。従って奥入瀬の特色を呈するなり、河中(かわなか)の岩流れざるなり。苔を帯ぶるなり。木をも帯ぶるなり。

<参考>青色文字について
 ゆいて=行いて
 囲(い)・・両手をのばしてかかえるくらいの大きさ、太さを計るのに用いる
 楊=柳
 斧斤(ふきん)・・おの、まさかり

法量のイチョウ
(ここは善正寺跡といわれています)
  ただ一条の奥入瀬川を余すのみにて、左右は数十百丈の絶壁にして、樹木密生す。桂や、楢(なら)や、楊(やなぎ)や、みちを蔽(おお)い、川をも蔽う。仰いで天日を見ず。不動の清水を掬(きく)して、上流を見れば、本流三つに分かれて、奔湍(ほんたん)白珠(しらたま)を転ず。ここに大なる島二つ、小なる島その幾何(いくばく)なるを知らず。上るに従って、島ますます多し、「 川千島 」の称、空言(そらごと)にあらざるのみならず、実際は千よりなお多かるべし。地上の岩石さえ、一々苔を帯びたり。若しくは樹木を帯びたり。
鬼神お松の籠もりし跡と称する石窟をみちの右に見、船に似たる船石を左に見て、進み行けば、みちの高さほぼ渓流とひとしくなりて、渓流われに親む。屏風岩対岸に自然の屏風を(の)て、その尽くる所を知らず。山の如き巨岩みちに当たりて、その下より清水湧き出(い)づ。馬門岩(まかどいわ)とて、奥入瀬の景色、いよいよその堂に上れるなり。

 清水を掬(きく)して、喉をうるおし、顔を洗い、頭を冷やすほどに、一漁人、「やす」を右手にし、ますを左手にして、渓畔より現れ来たる。とりたてのますにて、長さ二尺ばかり、鮮血ぽつりぽつりしたたる。一同寄ってたかってこれを見る。「さわぐるみ」の皮にて作れる箱の中を見れば、数尾のますありて、たちわりたる腹より「はらら子」の現るのもあり。これをというものありたれど、『魚は新しきにかぎる』とて、小笠原氏とりたてのものを買う。木の葉につつませたるを、自らさぐるかと思えば、さにあらで、自転車を止めて傍観者となりたる男に託す。折りしも、自動車けたたましき音を先立てて、逃ぐるが如くにすぎゆく。

<参考>青色文字について
 掬(きく)す・・両手ですくう
 奔湍(ほんたん)・・流れの激しい瀬
 幾何(いくばく)・・ある程度
 展(の)べる・・つらねる、ひろがる
 はらら子・・「はららご」・魚類の産卵前の卵
 さにあらず・・そうではない

奥入瀬渓流
 馬門岩(まかどいわ)を過ぎて、ふりかえりぬ。右へ渡らんとする橋の上にて、またふりかえりぬ。はてしなければ、心を前途に移して行くに、平かなりし流れ、急に高まり、激湍(げきたん)となって白龍おどる。その上、河中(かわなか)の島殊に多し。いわゆる 「川千島」の(すい)はあつまってここにあるなり。

 左に雲井滝を見るに及びて、光景また一変す。これより滝の世界に入る。右崖にもかかりて、左崖にもかかる。みじかきは二、三丈、長さは十数丈にも及ぶ。全身の現るゝもあるが、上身の現るゝもあり。下身のみ現るゝもあり、「一目五滝 」という所に到れば、右に友白髪の二瀑を見、左に白絹、白糸、不老の三滝を見る。瀑を川身に横たえて、その下広くかつ深き淵をなせるかと思えば、川身立ちて瀑となる。高さ三丈、幅十間、大滝とて、滝の世界の王者の観を呈す。千竜岩とて、渓中最も高く、最も大なる巌を、「川中島」の打ち止めにし、その上の奔湍を奔湍の打ち止めにして、渓は平流に復す。仰ぐ空明らかになり、行手も明らかになりて、ここに湖岸に達す。澄波三里、ひろしとも広し。山をのぼりて、大海に出(い)でしかと思わるゝばかりなり。こゝを子の口(ねのくち)と称す。焼山より三里半、左右は懸崖にして瀑布かかり、老樹連続して天を覆(おお)う。川身に滝あり、急湍あり、淵もあるが、概して平流なり。山上の平流、これ既にその類多からず。「川中島」を点ずるに至って、奥入瀬川は天下に独歩す。

<参考>青色文字について
 激湍(げきたん)・・流れの激しい瀬
 粋(すい)・・すぐれていること

馬門岩の氷瀑の一部分

 数十人を入るべき発動船をわれ等五人だけにて占めて、心ますますのどかなり。日の丸の旗をなびかせて、まづ五色浜を過ぎ、巌上の松倉神社を拝し、宇樽部(うたるべ)の部落を左に望みつゝ、東湾を横断して、御倉半島(おぐらはんとう)に取りつけば、天半に屹立(きつりつ)する御倉半島(おぐらはんとう)の絶景のもと、、発動船の入る能(あた)わざるばかりの小湾をなして、十数の小島あり。一々樹木を帯ぶ。造化(ぞうか)の技、実に細緻(さいち)を極わめたるかな。御倉山(おぐらやま)にそうてゆく。巌没して木茂り、その枝水に達せんとす。中湾に入りて、御倉山(おぐらやま)を仰げば、数十百丈の石壁山をとりまきて、余勢中湾の南端に達す。千丈幕を称す。造化の技、ここには実に雄大を極わむるなり。石壁のもと樹木しげり、赤松、姫松などもあり。烏帽子岩、剣岩、千本松など、幾多の岩岬突出す、烏帽子岩のうしろに石門あり。その右に石窟あり。その上の一帯は五色岩の絶壁にして、赤色殊に多く、峰上に駱駝石さえ立てり。中湾は最も深くして、千二尺と称す。藍色物すごきまでに濃かなり。

 中湾の中央に出(い)でて眼を放てば南は平かなる絶壁なり。北は湖心に御門岩二つ頭角を露わし、その奥に傾斜極めて緩(ゆるやか)なる花部山半天を横断す。東は御倉半島にてさばかりの高低なき連峰漸(ようや)く低くなり来たれるが、忽(たちま)ち石壁屹立して御倉山となり、湖面を抜くこと六百尺巍然(ぎぜん)として湖に雄視(ゆうし)す。千丈幕ありて、一層の気骨を加う。御倉山は湖上の王者というべきものなり。西は中山半島にて、御倉半島よりは低く、且(かつ)せまくして、六、七の峰頭、参差相並ぶ。北の一面を除きては、断崖直(ただち)ちに水に接して、道を通ずべくもあらず。中山半島にとりつけば、鉄梯の下、老杉(ろうさ立ち、岩上に小祠を安ず。御占場とて、紙をひねりて水に投じて吉凶を(ぼく)する所なり。この半島にそうて、船を進むるに、奇巌多く、出入り多し。樹態益々奇なり、赤壁に到(いた)れば、名の如く赤き絶壁高く天を突く。
その下、蝋燭岩とて、盆大の小石、水中にありて、真っすぐなる樹立てり。蝋燭岩とて、上大にして下小に、上は五、六(かかえ)、下は二、三抱、高さ二丈ばかりなるが、岸に近く、これも樹をいただきて立てり。半島低くなり、幾(ほと)んど絶えんとして絶えず、また少し高まる。その端(は)しの巌上に古松孤立して、清風に仙楽を奏す。

<参考>青色文字について
 造化(ぞうか)・・神のつくった天地
 細緻(さいち)・・細かくて綿密なこと
 巍然(ぎぜん)・・山など高くそびえ立っているさま
 雄視(ゆうし)・・威勢を張って他に対すること
 卜(ぼく)する・・占う
 抱(かかえ)・・太さをあらわす、両手でかかえるほどの大きさ

御占場

 湖の四面は樹木のしげりたる山なり。南北は一重の山なるが、西は幾重の山なり。東も山重なる。最も高きは、東の十和田山にて、北の花部山これに次ぐ。滝沢、銀山、鉛山、和井内氏の孵化場、発荷(はっか)などの人家を後にし、右にして船は西湾に入り、近く中山半島の西岸にそう。東岸より出入更に多く、幾多の巌島さえもあり。造化(ぞうか)は最も多く技巧をここに尽くせり。日没して水煙四方に起り、すずしかりし風、今は寒くなりぬ。休屋の御前浜に上陸す。焼山より凡そ八里、目の応接にいとまあらずとは、天下唯この間の景致にいうべきなり。余はまず十和田湖の両半島と奥入瀬川の川千島とを挙げて、天下無双といいたるが、樹木の繁茂せることも無双なり。八里の間の変化窮まりなきことも無双なり。一木伐(き)るべからず。一石動かすべからず。造化は畢生(ひっせい)の力を奥州の山奥に揮(ふる)えるなり。

 十和田館に投じて、織田与次郎氏と十五年ぶりにて相逢う。当年相見し時は、織田氏も若かりき。余も若かりき。共に大いに舟中(しゅうちゅう)に飲みぬ。酔いて共におよぎぬ。上陸の後、余のために盆踊りを催して織田氏も踊りぬ。

 この夜羽蟻(はねあり)の襲撃に遭う。初めは唯洋燈(らんぷ)に集まりしが、火鉢に及び、机に及び、人の膝にも及び、八畳の一室、見る見る蜂の巣窟(そうくつ)とならんとす。殺せば殺すほど、ますます多く入り来たる。やむを得ず、一同退却して、障子をしめ、洋燈(らんぷ)を消し、『はたき』にてはたき、箒(ほうき)にて掃き出して、漸く座に復するを得たり。世に無智のものほど恐ろしきはなし。その群集は一層厄介なり。楼外(ろうがい)明らかになりて焚火(たきび)揚る。『山中にも智者あり』とて一同喝采す。

<参考>青色文字について
 畢生(ひっせい)・・一生涯、終生
 楼外(ろうがい)・・建物の外

十和田湖
(左は御倉半島、右は中山半島)
 朝食の前に、杉並木の露を踏み、巉巌(ざんがん)の自(おのず)から石檀となれる上に至りて、十和田神社を拝し、進んで右手の巨巌の上にたち、胎内窟は潜(もぐ)らずして、南祖坊の祠に謁(えっ)し、傍の八郎太郎の祠にも謁す。御占場はここの絶壁の下にあり。中湾をへだてて、御倉山を望む。霊気自から身にしむを覚ゆるなり。

 南祖坊は十和田の主なり。また神なり。銀山開くるまで、人の十和田に来たりたるは、南祖坊を拝せんとてなり。南祖坊は鉄鞋(てっかい)の絶ゆる所に留まれとの熊野の神の御告げのままに、天下を行脚して鉄鞋(てっかい)この十和田に絶えければ、ここに錫(しゃく)を留めんとす。湖底にひそみおりし八郎太郎怒って、大いに戦う。(か)つ能(あた)わず。去って八郎潟の主となれり。今、恩讐(おんしゅう)共に一に祀らるゝを見て、(うた)感慨に堪えず。
思いは田沢湖に飛ぶ。この湖の主は辰子という姫神なり。南祖坊来たりてその湖に留まらんとせしも鉄鞋(てっかい)、未だ絶えざりき。姫神は八郎潟の主と契れり。毎年秋の彼岸より春の彼岸まで、八郎太郎来たりて、姫神と共に棲(す)む。主なき間の八郎潟は凍れども、共棲せる田沢湖は凍らず。姫神は八郎太郎の敵なる南祖坊を憎むこと甚だしく、鉄鞋(てっかい)に及び、なお鉄にも及ぶ。鉄気をふくめるものを田沢湖に投ずれば、湖神波を起こして陸上に打ち上ぐといいつたえたり。南祖坊は力に成功して恋に敗れ、八郎太郎は力に敗れて恋に成功したるなり。

 風神、火神などの巌穴の前を過ぎて、陸に近き大黒島に上(のぼ)る。大黒の祠あり。ちょっと下がって恵比須島に上る。恵比寿の祠あり。もと二島なりしが、今は岩くづれ、下に水を通じて、上は相つらなれり。二神のいづれかが弁天ならば、女夫(めおと)島とも名づけらるべく、島にも八郎潟と田沢湖とを見るなり。

 休屋の部落さしてゆくに、杉並木なおつづけり。屋稜にゆりの花のつらなれる家をも見受く。
畑の中の細道を行けば、村人の共同墓地ありて、その奥に宮崎光子女史の墓あり。自然の岩石を墓標とせり。女史はその夫虎之助氏と共に十和田湖にあそび、両半島を見て、神境(しんきょう)と称し、死なば骨を此処にといいけるまゝに、宮崎氏その骨を携えて小笠原氏の家に投じ、小笠原氏等周旋(しゅうせん)して、ここに葬りけるなり。宮崎夫妻とは、面識あり。宮崎氏は高士(こうし)の俤(おもかげ)を有す。光子女史は姿も心も清く尊げなる姫なり。妙義山中にて計らずも相逢いしことあり。危うき巉巌(ざんがん)をも、平気にて上りたる女史の健気(けなげ)さ、今も記憶に存す。宮崎氏は自ら予言者と称す。未だ広く天下を救うを得ざれど、この清く尊き女史を救えり。千万人の凡夫(ぼんぷ)凡婦を救うに優れたり。この清く尊き姫ならば、骨を埋めても、十和田の神境(しんきょう)を汚さざるべきなり。この姫を田沢湖とすれば、予言者は八郎潟なるべし。知らず、女史には南祖坊なかりしや否や。

<参考>青色文字について
 巉巌(ざんがん)・・切り立った険しいがけ
 鉄鞋(てっかい)・・鉄のわらじ
 克(か)つ=勝つ
 能(あた)わず・・できない
 怨讐(おんしゅう)・・恩義とうらみ
 邱(きゅう、おか)・・丘
 転(うた)た・・いよいよ、ますます
 女夫(めおと)=夫婦
 神境(しんきょう)・・神仙などの住む所
 周旋(しゅうせん)・・なかだち
 高士(こうし)・・人格が気高くすぐれている人物
 凡夫(ぼんぷ)=凡人

十和田神社
 
 戻りは和船を雇い、発動機の入る能わざる入り江にも入り、巌を(ひん)、樹を評して、自籠巌(じごもりいわ)の鉄梯をも攀(よ)じぬ。十丈の巨巌水辺に兀立(こつりつ)して異彩を放つ。されど樹葉(じゅよう)だになくば、これに劣らぬ巨巌いくつとなく現わるべきなり。半島の絶えんとする処に到りて、小杉、神代、小笠原の三氏上陸す。舟めぐってその東岸に到れば、小杉氏は写生し、神代氏は樹を撫(ぶ)し小笠原氏は泳ぐ。次男も泳ぐ。二人の船夫の中の一人も泳ぐ。舟に残れるは余と一人の船夫とのみ也。而(しこう)して一行の中の最も老いたるもの也。

 深く入りこみたる処に舟を繋ぎて、午食(ごしょく)す。『 あるか』と問えば『無し』という。附近にて、一大桂樹独り傑出すれば、桂の入江と名付く。食し終りて(ふなべり)に俯せば、小海老多し。残飯を投ずれば、海老一々これを(よう)て動く。海老よりも白き飯が目につく。いかばかり投じても、飯はみな海老に擁せらる。而して幾千万粒みな水中に動く。粒々辛苦(りゅうりゅうしんく)の余りに成れる飯を空(むな)しくすつるに似たれど、飯は海老の口に入り、海老は和井内氏の孵化したる姫鱒の口に入り、姫鱒は人の口に入る也。飯を投じたる者の口に入らずとも、誰かの口に入る。児戯(じぎ)に似て、児戯にあらざる也。

 子の口(ねのくち)より焼山までは自動車を飛ばしたるが、これ心ありての事なり。昨日の観賞は川千島に精にして両半島に疎(そ)なりき、今日は川千島疎(そ)にして、両半島に精ならんことことを期したり。それにてもなお蔦温泉に着きしたる時は、燈火(とうか)に迎えられたり。

 感想を叩けば、小杉氏大いに満足し、神代氏も非常に満足す。案内したる甲斐ありと、余も満足せざるを得ず。いわゆる小学生の神代氏も、今や一躍して大学を卒業したるなり。
ここに余は日(いわ)んとす、『住まば日本、あそばゝ十和田。』   (大正十一年)

<参考>青色文字について
 品(ひん)する・・優劣について批評する
 兀立(こつりつ)・・とびぬけて高くそびえていること
 小杉・・小杉未醒(こすぎ みせい)
 神代・・神代種亮(こうじろ たねすけ)
 午食(ごしょく)・・昼食
 胘(ふなべり)・・舟の側面
 擁(よう)・・抱きかかえる
 粒々辛苦(りゅうりゅうしんく)・・米の一粒一粒が農民の苦労の結晶であること
 児戯(じぎ)・・子どもの遊び
 満足せざるを得ず・・満足した

十和田湖畔休屋桟橋と中山半島