紀行文 「奥羽一周記(おうういっしゅうき)」

文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中


 桂月は、平福百穂とともに鳥谷部春汀に誘われて、明治41年8月26日、上野を出発しました。
鳥谷部春汀は、青森県五戸町出身で人物評論に定評があり、地元有志のはたらきかけにこたえ、桂月、百穂を誘ったのです。

 この旅を終え桂月が帰京するのは、翌月の9月12日のことでした。納得するまで見る、見尽くすという桂月の信念が、長い旅となっています。

 桂月は、15編からなる紀行文を書きあげ、同年10月1日発行の「太陽」に『奥羽一周記』と題して発表しました。
当時、「太陽」の編集長は、鳥谷部春汀でした。

 この当時、十和田湖は地元の人のみが知るものでしたが、この紀行文によって十和田湖のすばらしさが世に知られる端緒となりました。
 このことに関して、全国知事会に出席した武田千代三郎青森県知事に、皇太子(後の大正天皇)から十和田湖について御下問があったという逸話があります。


「奥羽一周記」が掲載された「太陽」


   
目    次
 五 戸(青森県五戸町)  松見の滝(青森県十和田市) 
 天満館(青森県五戸町) 10  三本木(青森県十和田市)
 宇樽部(青森県十和田市) 11  太素塚(青森県十和田市)
 休 屋(青森県十和田市) 12  物見岩(青森県八戸市)
 巌上の酒宴(青森県十和田市) 13  蛇抜穴(青森県八戸市)
 畳 石(青森県十和田市) 14  十和田湖の十五夜
 花部山(青森県十和田市)  15  十和田湖の特色
 奥入瀬の渓流(青森県十和田市)

      ・・・人名ルビは雑誌「太陽 」より、旧字体は新字体に改めています・・・・


  五戸(ごのへ)
 本州の北に尽きんとする処(ところ)、八甲田山崛起(くっき)し、その山脈南に延びて、南部(なんぶ)と津軽(つがる)とを分(わか)ち、更に南下して、東海道と北陸とを分ち、なお更に西に曲がりて、山陽道と山陰道とを分つ。長さ数百里、恰(あたか)も一大長蛇(ちょうじゃ)の如し。
中国山脈は、其尾也。甲信の群山は其腹也。八甲田山は其頭(かしら)也。頭に目あり。凡そ三里四方、我が国の 『山湖』 にては最も大なる者也。之を十和田湖と称す。

 鳥谷部春汀(とやべしゅんてい)、一日、来(きた)たりて我を訪(と)う。日光に遊びたりという。珍しや、君の如き旅行嫌いの人が日光に遊ぶとは、さても、如何なる風の吹きまはしぞと云えば、日光を見て結構を説きたくもあれど、別に理由あり。われこの度(たび)、久しぶりにて帰省し、母を迎え来らんとす。そのついでに、君をわが郷里の十和田湖に案内したしと思う。
われ少時(しょうじ)、しばしば遊びて、似為(おも)えらく天下の絶景也。されど、他の勝地(しょうち)を知らざれば、これ或(あるい)は独合点((ひとりがてん)なるかも知れず。依(よっ)て比較して見んとて、世に名高き日光に遊び、華厳滝や中禅寺湖を見たるが、わが十和田湖は、之(これ)にまさるとも、劣らざることを確信しぬ。請(こ)う、来(きた)り看(み)よという。これよ)に取りては、所謂(いわゆる)下地(したじ)は好きなり、御意(ぎょい)はよしというもの也。喜び勇んで之(これ)に応ず。

 長谷川天渓も同行する筈(はず)なりしが、其児の病気の為に果さず。春汀と平福百穂(ひらふくひゃくすい)と余の三人、明治四十一年八月二十六日を以(もっ)て、(てい)に上(のぼ)
海岸線を取りて、翌日午後、尻内驛(しりうちえき)に下(おり)る。
浦山太郎兵衛氏、三浦道太郎氏、関根数衛氏、学生五、六人来たり迎う。三浦氏と一行三人と車をつらねて、五戸に向う。
これ春汀の郷里也。維新前は南部藩の代官の居りたる処にて、文武共に振いたりとぞ。五戸の男女学生凡(およ)そ百人、村境に来り迎う。
松尾由郎氏の家にいたる。春汀の義兄なり。快濶豪放(かいかつごうほう)にして善(よ)く談じ、優遇到らざる無(な)。医を業とす。青年会の会長たり。
江渡又兵衛氏、鳥谷部健之助氏来る。みな春汀の親戚なり。令嬢の酌にて快く飲む。由郎氏の弟、松原寅次郎は、酒豪也。大西喜三郎、内藤信男、福士秀雄の三氏、青年会を代表して来たり、麦酒(ばくしゅ)と青森名産の林檎とを贈らる。酔後、江渡又兵衛と碁を闘わす。八百年来血統正しき五戸第一の旧家なりとぞ。その顔武者絵の如し。






















「八戸駅(はちのへえき)
当時は「尻内驛」でした。(現在は東北新幹線も乗り入れている接続駅です)

<参考>青色について
崛起(くっき)・・山などが高くそびえたっていること
少時(しょうじ)・・幼少の頃
下地(したじ)・・物事をなす為の基礎となる事
(よ)・・自分、私
御意(ぎょい)・・目上の人の考え、気持ち
程に上る・・出発する
尻内駅・・現八戸駅
快濶豪放・・心が広く、物事にこだわらない
優遇到らざる無し・・優遇された

  

2  天満館(てんまんだて)



演説をした「小学女子部の校舎」は、現在では「代官所」が復元されています。
また、この裏手には与謝野晶子、鉄幹の歌碑があります(青森県五戸町)



当時の菊池萬之丞氏の別荘
(資料提供 古谷義昭氏)


演説をした「専念寺(青森県五戸町)
 二十八日午前、青年会の求めに応じ、其会場に充(あ)てたる小学女子部の校舎に赴く。松尾由郎氏開会の辞をのべ、春汀と余と演説す。ここは懸崖けんがい)の上也。もと代官所のありたる処なりと聞く。
松尾氏兄弟、大西喜三郎氏、江渡寅次郎氏など余等一行を導いて天満館に至る。五戸川の流域の上部を見下し、遙かに八甲田の連峰を望む緑陰(りょくいん)に蓆(むしろ)を(し)いて憩う。この地、第一の清水と称せらるる天満水を汲みて茶を煮る。風涼し。快(かい)(はなはだ)し。

 松尾寅次郎氏、脚下の人家を指(さ)して曰(いわ)く、これを五戸の下町と称す。享保年間、鈴木新兵衛というものあり。この村の水帳(すいちょう)を預かる。一悪漢(いちあくかん)金を盗まんとて、夜、その家を焼く。新兵衛出(い)づるに路(みち)なし。水帳を地に埋め、腹をその上に当てて焼死す。身死して、水帳は全(まった)きを得たり。代官感じて、之を追賞せりと。われ現にその地を見わたして、感ますます深し。士魂(しこん)あるものと云うべき哉(かな

 帰路、菊池萬之丞氏の別荘小憩(しょうけい)し、午後、五戸有志者の求めに応じ、其の会場に充(あ)てたる専念寺に赴く。五戸村役場金澤次郎氏開会の辞を演(の)べ、春汀と余と演説す。来り会せしもの凡そ百人。

 松原氏の家に宿ること二夜、百穂は、諸氏の求めに応じて、扇に揮毫し、われ之に題す。五戸にては、扇、一朝にして売り切れとなり、揮毫を乞(こ)はむとするも、扇を得るに由なかりし人も多しと聞く。
二十九日の朝、松尾由郎氏、江渡又兵衛氏、青年会の幹事諸氏、青年少年の男女学生に、村境(そんきょう)まで送られて、われらは終(つい)に五戸の地を去りぬ。

<参考>青色について
懸崖(けんがい)・・切り立った崖
緑陰(りょくいん)・・青葉の茂った木立にかげ
水帳(すいちょう)・・土地台帳
(まった)・・完全でかけたところがないこと
追賞(ついしょう)・・死後に褒章すること
士魂(しこん)・・武士の精神
小憩(しょうけい)・・=小休止

  


 宇樽部 (うたるべ)
 いよいよ目的地たる十和田湖に赴(おもむ)かんとて徒歩す。
三浦道太郎氏、江渡省三氏、松原寅次郎氏、春汀の弟、良太郎氏に、余等一行を加えて、同行七人。三浦氏は東道(とうどう)の主人なり。江渡氏は、われら山を下らむ後、三本木に導かむとて、わざわざ来れる也。

 戸来村にいたれば、小坂甚徳(じんとく)、小坂甫三、見瀧源衛(もとひら)諸氏、一行を路に待ちうけ、小坂学校にて酒菓を(きょう)。一行求めに応じて揮毫(きごう)す。休憩すること凡そ三時間にして去る。
牛の首峠を越ゆる頃、日暮れたり。提燈(ちょうちん)と藤の皮の松明(たいまつ)とに路を照らして、午後十時、十和田湖畔の宇樽部に着し、三浦氏の家にやどる。
道太郎(みちたろう)氏の父、泉八(せんぱち)氏は、明治十六、七年の頃、始めて五戸よりの道路を開き、船を造りて、小坂鉱山の貨物運搬を請負い、宇樽部を開墾せる人也。
人家今二十四、五軒、水田あり陸田あり、農民は耕作の外、湖に漁し、山に猟す。泉八氏は、山上の一王者といふべき哉。げにや、塵外(じんがい)の別天地、盗賊の難なければ、雨戸を鎖(とざ)さず。病む者なければ、医薬の必要もなし。われ明治十三年までは、土佐の城下に生長しけるが、夜、雨戸を鎖さざりき。知らず、今猶(なお)(しか)るや、否や。


 ※ 桂月ら一行は、五戸町から新郷村を経由し、三浦泉八が私財を投じて造った道路を経て十和田湖畔の宇樽部に着いています。



「湖から望む宇樽部集落」
(宇樽部地区には、三浦泉八の住んでいた住宅の一部が残されています)
<参考>青色について
東道(とうどう)・・来客の案内や世話をする者
(きょう)・・酒や食事を出して人をもてなすこと
揮毫(きごう)・・知名人が毛筆で文字や絵をかくこと
げにや・・本当にまあ
盡外(じんがい)・・俗世間のわずらわしさを離れたところ


 休屋(やすみや)



蛇麻」(ハンゴンソウ) 


十和田神社


風の神
 三十日、休屋さしてゆく。
道太郎の子、一雄(くにお)氏、従弟小平四郎氏、新(あら)たに加はる。共に、少年の学生也。宇樽部より休屋まで、凡そ一里、老樹しげる。桂の大木も多し。蛇麻(へびあさ)の花黄に、冠草の花紫也。こごみの生ひたるにても、日光に遠きことは知られたり。思ひがけずも、休屋の鈴木尚信、中村秀吉、川村藤吾郎三氏、男女の生徒をつれて、われらを途(みち)に迎う。好意は細径の草にもあらはれて、苅痕(かりあと)なほ新(あらた)也。

 休屋は、十和田諸部落の中心点也。十和田神社ここに在り。奇景このあたりに集まる。
祠官にして、兼ねて宿屋を営める織田與次郎氏の家にいたる。酒肴(しゅこう)の饗応(きょうおう)を受け、織田氏に導かれて出づ。
十和田湖畔、杉は唯々ここのみにありて、並木を為して長くつづく。十和田神社に詣づ。大和武尊(やまとたける)を祀る。険しき巌山を(よ)。崖に臨みて、南祖坊と八郎太郎との祠(ほこら)あり。九間の鉄梯(てつばしご)を下(お)り、御占所にいたりて、中海に俯(ふ)し、水を隔てて、御倉山(おぐらやま)を望む。
学生四人、船に在り。みな五戸の人、われらを慕ひて、相前後して来り遊べる也。一行も之に乗りて船を発し、中海西岸の断崖を見上げ、水中に孤立せる蝋燭岩(ろうそくいわ)あたりにいたりて、船を返しぬ。
十和田祠前より別路を取り、大黒天、天の岩戸、金の神、山の神、火の神、風の神などの巌窟(がんくつ)を見て西海の濱に出て、近く恵比須島を見て帰途に就き、織田氏の家に小憩しょうけい)して黄昏(たそがれ)の頃、宇樽部に帰りぬ

<参考>青色について
冠草(かんむりぐさ)・・トリカブト
祠官(しかん)・・=神主・神官
(よ)・・よじ登る
小憩(しょうけい)・・わずかの間休むこと
帰りぬ・・帰り着いた

  


 巌上の酒宴がんじょうのしゅえん) 
 十和田湖は、四面山に囲まる。銀山、鉛山西にあり。東にありて最も高きは十和田山。南にありて最も高きは前山、北にありて最も高きは花部山也。大日本地誌に拠(よ)るに、湖面は海抜四百五十米突(メートル)、花部山は九百六、七十米突なり。湖は北方最も広く、岸の出入りもなくして、ほとんど半円形をなす。東西凡そ三里、南は三大湾を為す。東海(ひがしうみ)、中海(なかうみ)、西海これ也。大さ、ほぼ相同じ。
宇樽部は東海の南浜に在り。左に御倉山(おぐらやま)半島の端に崛起(くっき)せる御倉山を望み、右に十和田山を望み、前に花部山を望む。
花部の右に二峯首(ほうしゅ)を出す。西を乗鞍岳と云ひ、東を赤倉岳と云う
。四周(しい)の山すべて官有(かんゆう)に属す。樹木の盛んに繁れること、他にその比稀(まれ)也。みな落葉樹也。
晩秋にいたれば、紅幕碧湖を囲む。同じ山湖にしてもこの湖の大(おおきさは、日光の中禅寺湖の三倍以上あり。路は湖をとりまきて通ず。凡そ十里。沿岸の長さは、十五里に達す。

 三十一日朝、昨日の一行、船に乗りて、宇樽部を発す。春汀ひとり留(とどま)る。持病の痔起こりて、出血甚(はなは)だしきをも顧みず、勇を鼓してわれらの為に山にのぼりけるが、この日一日は静養せむとすれば也。十和田の景は、その熟知せる所なれば也。旧知の三浦泉八氏との話も多ければ也。

 御倉山の端を巡りて中海に入り、ゆくゆく御倉半島の断崖を仰ぐ。ここは中海の東岸也。断崖直(ちょく)に湖面に立ち、崖(がけ)高く、水深し。且(か)つ清し。両手にてかかへるばかりの石を、岸より崩して水に落し、俯(ふ)して之を見るに、恰(あたか)も魚(うお)の如く、ひらひらと沈みゆき、鯛大となり、鰯大となり、金魚大となり、終(つい)に見る能(あた)わざるに至る。船夫(せんふ)(いわ)く、十和田湖中、この中海が最も深し。曾(かつ)百尋(ひろ)の縄を下(おろ)しけるに、水底(すいてい)に届かざりきと。地理学者の説に拠るに、十和田湖全体は陥落より生じたるが、この中海は、噴火口也。
日暮崎を始めとし、崖のと突出せるもの多し。崎といふよりも、むしろ巌というべし。いづれもみな巨巌也。而(し)かも、みな姫小松を帯ぶ。
一窟(いっくつ)あり。御室(おむろ)と称す。窟中二条に別る。いづれも数間(すうけん)にして尽く。
剣の如き小石の簇立(そうりつせる岬を剣岩(つるぎいわ)と云ひ、姫小松の林を成せる岬を千本松(せんぼんまつ)と云ふ。
赤根崎よりは、断崖赤色を主として、いろいろの色を帯び、十数町も長く南に延びて、半空にかかる一大長虹の如し。余はこの中海の東岸にありては、最も御倉山をとる。千丈の断崖、西北より起り、南をめぐりて東に至り一山をとりかこむ。長さ二十四、五町もあるべし、此(かく)の如きはその類を見ず。
何か名あるかと問(と)えば無しという。千丈幕(せんじょうばく)と名付けては如何(いか)にと云えば、みな可と称す。
百間幕(ひゃけんばく)なら他にも多くあり。千丈幕は、御倉山の特徴にして、かねて十和田湖の一特色也。この一大断崖の為に人は陸地よりこの山に上る能(あた)はず。
満山(まんざん)みな樹、十和田湖畔、猿は、ただこの山にのみ住む。秋晩木の実熟する頃は、群猿(ぐんえん)夜月(よづき)に叫ぶ。賽者対岸の御占所に米を投(とう)して祈祷するに、祭日には白気この山に上ると云い伝ふ。ただ眺めたるのみにても、十和田湖畔、唯一の霊山也。

 看て千本松に至りける時、日章旗をかかげたる白帆(はくはん)(きた)る。これ休屋一村の人士が余等を歓迎する也。
中海の南岸は、他の奇なし。西岸は、昨日舟にて見物したり。東岸に比すれば水浅し。断崖の景致も劣れり。
直ちに最北端の巌に漕ぎつけて、一同之に上(のぼ)る。ここに休屋一村の好意より成(な)れる饗宴ひらかれたり。主人側は、織田與次郎、中村春吉、鈴木尚信、川村松五郎、栗山政治の諸氏也。主賓うち解けて、快く酔へり。ここを中山崎と称す。この半島全体を小中山と称す。中海と西海(せいかい)とを隔つる小連峯也。
宴罷(や)んで、一同、休屋の舟にのりて、中海と別(わか)る。中海は、凡(およ)一方里(いちほうり)、北は湖心に連なり、東西南の三方は断崖と蒼樹(そうじゅ)とに取り囲まれたる、別天地中の別天地也。

 西海に入りて、東海近く舟進む。忽(たちま)ち、どぶんと水に入るものあり。祠官(しかん)の織田氏也。主、既(すで)(よう)を作(な)。賓(ひん)いかでか之に倣(なら)わずして止むべき。余之について水に入る。
三浦道太郎氏も泳ぐ。その他、数人同じく泳ぐ。この西海の東岸は、水、中海の東岸(とうがん)の如くは深からず。崎には、六方角の相並べる処もあり。
島多し。ぐみ島、蓬莱島、種が島、鎧島(よろいじま)兜島(かぶとじま)恵比須島など、これ也。大あり、小あり、高きあり、低あれども、みな巌也。而(しこう)していづれも姫小松を帯びざるは無し。松島には、この樹ありて、この巌なく、雄鹿半島にはこの巌ありて、この樹なし。天下の風光、十和田湖ひとり其(その)美を擅(ほしいまま)にす。
舟をすてて、自籠神社(じごもりじんじゃ)にいたる。数十丈の孤巌の上に在り。三たび鉄梯(はしご)を攀(よ)じて、漸(ようや)くにして達す。幾んど天に昇るの思あり。妙義の大字巌、旭日巌にも、この奇なし。況(いわん)や水あるをや。

 薄暮(はくぼ)、織田氏の家に至る。
江渡省三、鳥谷部良太、小平四郎、三浦一雄の四氏は宇樽部さして歩して帰る。三浦道太郎氏、松原寅次郎氏、百穂及び余は、織田氏の好意のままに、その家にやどる。
夜、宴また開かる。宴酣(たけなわ)にして歌聲(うたごえ)楼外(ろうがい)に起きる。見れば、数十人圓(まる)くなりて踊り且(か)つ歌う。これ盆踊りにして、村民一同が余等の旅興を添へんとする也。

<参考>青色について
1尋・・両手を広げた時の一方の指先から他方の指先までの長さ、約1.5m
1尺・・約30センチ
1丈・・10尺
官有(かんゆう)・・国が所有する
満山(まんざん)・・山全体
賽者・・=賽人、神社、仏閣にお参りする人
白気(はっき)・・白い気体
景致(けいち)・・=風致、景色のおもむき
(よ)じ・・はうようにして進むこと
一方里(いちほうり)・・縦横一里の面積
(よう)を作(な)・・良くないことを始める
妙義・・=妙義山、奇岩・怪岩、絶壁に富む
楼外(ろうがい)・・建物の外
(きょう)・・楽しみやおもしろみ


「夕陽の十和田湖と遊覧船」


千丈幕
(現在、千丈の断崖には樹木が多く見られます)


剣岩(つるぎいわ)」


「烏帽子岩(えぼしいわ)


「占場(うらないば)
(文中「御占所」)


 「六方石(ろっぽうせき)
(文中「六方角の相並べる処」)


 「乙女の像と兜島鎧島(右)」


「大黒島と恵比寿島(右)」

御倉半島と中山半島(手前) 」 (発荷峠からの眺望)
岩肌の見える男性的な御倉半島の断崖は、明治41年8月31日桂月が「千丈幕」と名付けました
~十和田湖、奥入瀬渓流の写真は、遊々日記より~

 


6 畳石(たたみいし)
 明(あ)くれば、九月一日也。
三浦氏一族の二少年、宇樽部より来る。織田氏を辞(じ)して、共に舟に乗り、追手という処に至り、和井内貞行氏の孵化場を見る。今は孵化の時期にあらず。酒精(アルコール)漬の標本あり。卵より魚の形を成すまでの順序、精(くわ)しく示さる。和井内氏は、カパチェポと称する北海道の鱒をとりよせて、茲に養殖すること年(ねん)あり。この湖の水、このカパチェポに適すと見えて、生長の速(すみや)かなること、本元(ほんもと)のよりも優(まさ)れり。和井内鱒の名を付(ふ)す。本土にこの鱒あるは、唯々ここのみなりとぞ。
功により、緑綬褒章(りょくじゅほうしょう)を賜る。われこの山上(さんじょう)に来りてより、日々新鮮なる鱒に舌鼓うつ。多謝す、和井内氏の賜物也。

 船を湖の中心に出す。浪、荒し。幾(ほと)んど御倉山と花部山の中央とおぼしき処に、ニ大巌(いわわずかに其頭を露(あら)はして相並ぶ。その間、凡(およ)そ二十間(にじゅけん)、下は、其底を見ず。之を御門石(ごもんいし)と称す。
更に舟を進めて湖の東岸に到(いた)り、畳石を見る。東西十間(けん)、南北百間(けん)ばかりの大盤石、水面より高きこと、わづかに五、六寸にして平らか也。なほ続きて、南にも、北にも、百間(けん)あまりは、水に没することも五、六寸にして平らか也。この巌上、数百千人を載せて餘(あまり)あり。まことに稀有(けう)の大盤石也。後にて聞けば、この付近に、碁盤石(ごばんいし)と称するもの、水面の下にあり。碁盤形を為し、下の四隅に足さえありとぞ。造化(ぞうか)の奇(き)(ろう)するも亦甚(はなはだ)しい哉。
 薄暮(はくぼ)、三浦氏の家にかえれば、江渡氏と春汀兄弟とはあらず。
この朝、三本木方面をさして、山を下り、蔦温泉にて、われらを待ちあわさんとする也。

<参考>青色について
追手・・=「生出」(地名)
造化の奇・・自然が作り出した珍しいもの
(ろう)する・・からかう・もて遊ぶ
薄暮(はくぼ)・・夕暮れ



  「しぶき氷の小畳石」(冬季)
(十和田湖の水位が下がると岩盤が現れます)



「姫鱒(ひめます)
(文中「和井内鱒」)

  


7 花部山 (はなべやま) ~現在は御鼻部山です~
 九月二日、われらは、下りて、蔦温泉に春汀等と相会(あいかい)せんと期したるものも、われ新(あらた)に一動議を起こしぬ。
われらは、幾(ほと)んど残る隈(くま)もなく、横に十和田湖を見つくしたれど、なほ此上も、縦に十和田湖を見下ろさずんば、未だ全く十和田湖を見たりとは云うべからずと云え百穂も賛成し、三浦氏も賛成す。さらば、御倉山にせんか、十和田山にせんか、花部山にせんかいろいろ考えたる末、終(つい)に花部山に決す。

 松原寅次郎、小平四郎の二氏は、別(わか)れて、五戸に向って去りぬ。三浦道太郎氏父子、百穂、及び余の四人、舟に乗りて湖の東北隅の青ぶなという処に上陸す。ここに牧場あり。群羊(ぐんよう)、湖畔に眠る。番小屋(ばんごや)に至り、湯をわかし、午食(ごしょく)して発足す。
舟夫(しゅうふ)二人、その一人導(どう)を為(な)す。凡(およ)そ三十町、湖岸を離れて山に上る。牧牛の往来する処(ところ)、自然に路を成して歩きよかりしが、山骨の削立せる処を(よ)づれば、牛も到る能(あた)はず、従って路なし。山全体に老樹しげる。その十中七、八は、山毛欅(ぶな)也。
(のぼ)るに従って、地竹(じたけ)密生す。細雨(さいう)下る。木葉(このは)にたまれる水、風に従って大滴となりて落つ。地竹(ぢたけ)や雑木をおしわくれば、なほ一層散ること繁く、恰(あたか)も水中を行くが如し。
(ようや)くにして頂上とおぼしき処に達したれど、濃霧の為に、少しも眺望なし。蚋(ぶよ)にや、顔にたかり、手にたかる。全身うるほいて冷気骨に徹す。うるおいの少なき枯竹(こちく)を集めて火を點(てん)ずれば、うるおへる枯木(こぼく)枯竹(こちく)も燃ゆ。四人火を囲み、暖を取る。蚋(ぶよ)も去りて、近づかず。導者は火にもあたらず、あちこち歩きまわりしが、地竹を四本切りて、もち来る。杖にせよとなり。根元の直径七八寸もあり。思ふに、数百年の星霜(せいそう)を経たるものなるべし。一時間も火にあたりけるが、日暮れぬほどにと立ち去らむとすれば導者はあらず。
帰りは易かるべしと思いの外、導者なくして、方角を失し、密竹の中に迷ふ。唯幸(さいわい)にも、青森、秋田二県の堺とて、十間ぐらい毎(ごと)に小さく木標(もくひょう)あり。漸(ようや)く一標(ひょう)を見出しては、次の一標の方角を考え、その一標を得て、また次の一標を考え、上りし時の記憶にもよりて、漸(ようや)く牛路のある處(ところ)に来たる。導者、われらを待つこと久し。己れの熟知せるに慣れて、われらの迷はんとは思いもかけざりし也。
寒山(かんざん)が「智者君抛我 愚者我抛君」と嘆息(たんそく)せしも、これにや。

 此日(このひ)、濃霧の為に、眺望を得る能(あた)はざりしかど、十和田湖を見下ろす処を花部山と定めたる考へだけは誤(あやま)らざるべしと確信する也。



「湖からの御鼻部山(おはなべやま)
(現在は標高1011mと表記)
 ~当時地図表記は「花部山でした


「御鼻部山展望台」(標高1011m)
 ~湖面の静かな時は御門石が見ることができます~


「御鼻部山展望台からの十和田湖」
<参考>青色について
花部山(はなべやま)・・現 御鼻部山
十和田山・・標高1053m
群羊(ぐんよう)・・多くの羊
番小屋(ばんごや)・・番人のいる小屋
午食(ごしょく)・・昼食
(よ)・・すがりついて登る
牛も到る能(あた)はず・・牛も行くことができない
細雨(さいう)・・霧雨
星霜(せいそう)・・歳月
嘆息(たんそく)・・悲しんだり、がっかりしてため息をつくこと

「知者君抛我 愚者我抛君」
 読み方は、「智者、君は我を抛(なげう)ち 愚者、我は君を抛(なげう)つ」  
大意は、「知恵のある君は私をないがしろにし、愚者である私は君をないがしろにする」
つまり、おたがいさまの意味



8 奥入瀬の渓流(おいらせのけいりゅう)
 三浦氏父子に優待せられて宇樽部に宿すること四夜、休屋一村の好意をうけて休屋に宿すること一夜、都合(つごう)五夜にして、われはこの趣味多き十和田湖を去りぬ。九月三日也。道太郎氏父子、百穂、及び余の四人、一人の男、荷物をもちて従へり。途(みち)に小笠原圓吉、太田吉司ニ氏の蔦温泉より来り迎うるに逢う。昨日も迎えに宇樽部まで来りて、空(むな)しく帰りし也。

 湖水の川となりて流れ出(い)づる処を根の口と称す。橋かかる。長さ十三、四間(けん)。水は緩(ゆる)く流る。水中の魚も見るべし。右岸を下る。路も緩(ゆるやか)也。
十三町にして、根の口の滝にいたる。奥入瀬川の断崖に一落(いちらく)する也。高さ三丈、幅十丈。三里四方の十和田湖の水が集まり、落つることなれば、水量は多し。幅の広きことだけなら、他にもその類少なからず。殊(こと)にナイヤガラの写真見たる目にはあきたらぬ心地す。
されど、この渓流は、他には見難(みがた)き風致(ふうち)を有す。湖口より蔦川を入るるまで、凡(およ)そ三里、島多し。みな木を帯ぶ。巌の水中に立てるものも多し。それもみな木を帯ぶ。これ奥入瀬渓流の特色也。
渓流は普通勾配急に、水の増減甚(はなはだ)しく、水上に巌あるも、木を帯ぶるに由なきもの也。
ひとり奥入瀬の然(しか)らざるは、幾(ほと)んど勾配なき迄に流れ緩やかにして、十和田の全山木しげるが為に、絶えて洪水なく、殊(こと)に老樹天を蔽(おお)うに由る也。さればとて、時に急湍(きゅうたん)もありて、単調にはあらず。げにや、三里の間、山毛欅(ぶな)、桂、楢(なら)、栃などの大木しげりあい、女蘊(じょら)かかる。仰いで天見ず。下には、こごみ茂る。紫陽花(あじさい)や蛇麻(へびあさ)の花咲きたり。如何(いか)なる炎天とても、ここを上下する者は、絶(た)えて夏あるを知らざるべし。
左右は、断崖(だんがい)也。瀑布(ばくふ)を帯ぶ。白布瀑を最も美観とす。白糸瀑、姉妹瀑、雲井瀑、棚瀑などは、その名あるものなるが、未(いま)だ名のつかざるものも多し。高さいずれも十丈にあまる。木繁れるがために落口(おちくち)見えざるもあり。下部の見えざるもありて、益々奥ゆかしく感ぜらる。
十和田湖に遊びて、この渓流を見ざるものは、未だ十和田湖を見たるものといふべからざる也。

 川畔に、大石(たいせき)自然に屋となりて、数十人を容(い)るるに足るものあり。太田氏曰く、これ鬼神お松の潜(ひそ)みし処なりと。
 奥入瀬川も、蔦川を入れてよりは、普通の川となる。ここには危橋(ききょう)あり。猿橋(さるばし)と称す。斜(ななめ)に生えたる大木を利用し、その木の半(なかば)頃より丸太を彼岸(ひがん)に掛け渡す。人は木を攀(よ)じて丸太を渡る。一種奇妙なる橋也。されど、手のつかまる木もあり、銅線もありて、さばかり危険なることは無き也。

 蔦川の左岸を上ること半里、通天橋(つうてんばし)をわたりてゆくこと又半里にして、蔦温泉にいたる。午後八時也。
春汀兄弟は、既(すでに)あらず。江渡省三ひとり留(とどま)りて、われを待てり。法奥澤村(ほうおくざわむら)の村長、小笠原耕一氏もわざわざ来りて我を待ち、酒肴(しゅこう)を饗(きょう)せらる。この温泉は、氏と小笠原圓吉氏との経営する所に係る。この頃、家を建増し、路を普請(ふしん)して、三本木より人力車を通ずるやうにせり、泉質は塩類泉也。

<参考>青色について
根の口・・=現在は、「 子の口 」
女蘊(じょら)・・サルオガゼ・地衣類の一種
瀑布(ばくふ)・・滝
法奥澤村・・現在は十和田市
  
  
  「石ケ戸」(文中「鬼人のお松の潜みし処」)


「銚子大滝」
(現在は幅17~18m、高さ7m
文中「根の口の滝」)


「奥入瀬渓流」
~日本音風景100選に選ばれています~


「雲井の滝」
(文中「雲井瀑」)


「白糸の滝」
(文中「白布瀑」)

  


9 松見の瀑(まつみのばく)




日本名瀑百選「松見の滝」
(文中「松見の瀑」)


ばおり雨よけ、日よけに使います
(十和田湖民俗資料館 蔵)

 「みの」(背中につけます)

 「はばき」 (膝下からクルブシ辺りまでを被います)
 太田吉司氏は、体格強壮無比(むひ)、脚殊(こと)に健(けん)也。このあたりの山々、足跡のおよばぬ隈(くま)もなし。数日の糧(かて)をもちて、ひとり山を行くこともしばしば也。『山の神』と称せらる。日に何里歩けるかと問えば、五里ぐらいなりという。如何(いか)に 『山の神』 とは云え、げに、さもあるべし。路のなき嶮山を五里もゆくは、平地を十五里ゆくよりも困難也。
太田氏曰く、このあたり瀧多し。見るに足るべきの瀧、二十に下(くだ)らず。就中なかんずく)松見の瀑が、最も大也。請ふ、往(ゆ)いて見よ、われ案内せんと。ここも十和田の区域也。見ざるべからずとて之に応じぬ。

 蔦温泉に一夜とまりて、明くれば雨也。太田氏曰(いわ)く、松見の瀑へゆくには路なし。渓流を徒歩すること四十回、水増せば、往(ゆ)くべからず。この雨にては危険也。明日に延ばされよと、さらば、仕方なし、郷に入っては、郷に従へ、山に入りては、唯『山の神』の命令を奉ずべしとて、其言(げん)に従う。
春汀の待ちわぶるるとは察せざるにあらざるも、この行(こう)、十和田の風光を探るを主とせることは、春汀も承知の上なれば、われは主とせる所に従ひて春汀に負(そむ)かむとする也。

 午前十時に至りて、『山の神』又来たりて曰く、この模様ならば往(ゆ)かるべし。雨の衝(つ)くの勇ありや否やと。大いに有りとて起(た)つ。
百穂が恵與(けいよ)の真綿を背中に入れ、綿入れを貸りて着、頭には、『ばをり』を被(かぶ)り、脚には、『はばき』をつけ、(みの)を着る。
太田氏先にたち、一人の男、後より余を護衛してゆく。

 路なき山を幾度か上下して、黄瀬川(おうせがわ)の渓流に出(い)でたるまでに、一時間半かかりぬ。ここよりは、太田氏の云ひし如く、四十回、黄瀬川を徒渉(としょう)する也。左岸に瀧多し。その中にて、鍋倉の瀑というは、はじめ二丈ばかり奔流(ほんりゅう)し、直(ただち)に噴水の如く、斜(ななめ)に飛び上り、三丈ばかりにして岸壁に当たりて、五、六丈の懸崖(けんがい)を瀉下(しゃげ)す。素人受けのする奇瀑(きばく)也。

 小石の洲(す)ありて、水左右に流る。ここを御所河原(ごしょがわら)と称すという。名が面白しとて、休憩して、酒し、飯す。一瓶の酒なほ余る。瀧壺まで持ち行かんかといふ。いやいや、瀧を見るに、酒なかるべからずなどというは、まだ風流の半可通(はんかつう)なるものなりとて、荷物は、すべて、ここに置きて、また上る。

 松見の瀑、一に黄瀬の瀑とも云ふ。一山全く骨を露(あら)はし、上は裂けて鋏(はさみ)の如し。其合する處(ところ)より、一川(いっせん)の水総束(そうそく)せられて直下す。凡(およ)そ二十丈、下はまた五、六丈の巌を蔽(おお)うて下る。此の上方の、二つに裂けたる巌の山は、姫小松を戴く。後ろを見れば、巨巌天を衝(つ)きて、それの頂(いただき)にも、姫小松生いたり。このあたりの山々には、松なし。ただここのみにあるを以って、松見の瀑というなりとぞ。岩質はと問えば、玄武岩なりという。巌に松、而(しこう)して三十丈の飛瀑というのみにても、山水の遊に慣れたる者は、既(すで)に飛び立つ思いすべき也。

 午後七時十五分、温泉の宿にかえる。
午食に三十分、瀧壺に十分休憩し、正味(しょうみ)、八時間半は、少しも休憩することなく歩き通しに歩きたるが、里程りてい)は、わずか往復四里ぐらいなるべし。

<参考>青色について
山の神・・案内人、太田吉司のこと
就中(なかんずく)・・そのかなでも 
恵與(けいよ)・・=恵与、人から与えられることを敬っていう
徒渉(としょう)・・川などを歩いて渡る
奔流(ほんりゅう)・・激しい流れ
瀉下(しゃげ)・・水などを激しくそそぎだすこと
半可通(はんかつう)・・よく知らないのに知ったふりをすること
総束(そうそく)・・すべてをまとめる
(しこう)して・・そして
里程(りてい)・・みちのり


10 三本木(さんぼんぎ)
 九月五日、朝早く起き出(い)でて一、二町隔たれる湯沼に赴(おもむ)く。くりぬき舟あり、棹(さお)もありたれば、棹してゆく。水は澄みたり。底は粘土らしく、棹しても濁らず。鯉や金魚の泳ぐを見る。林山、四面を囲み、幽禽(ゆうきん相和して鳴く。沼の広さ七町。霊泉に加うるに、この神仙(しんせん)の苑あり。唯、地僻(へき)なるが為に世に、知るもの稀(まれ)也。

 三本木へとて、出(い)で立つ。耕一氏の父幸七氏、叔父善吉氏、門に送る。子子の新吾氏東北学院の学生なるが、余等(よら)と共にす。『山の神』も共にす。一人の男、一行の荷物を負えり。われ春汀との約に背(そむ)きて、空しく待たさしむることこ三日。今日は、相逢ひて、罪を謝(しゃ)せざるべからざる也。

 思いがけずも、法奥澤村(ほうおくざわむら)の有志者、われらを路に要(よう)し、一亭に(ひ)いて酒を侑(すす)む。村長の小笠原耕一氏を始めとし、鈴木敏夫、中山留吾郎、相澤寧、小笠原松次郎、太田寛蔵、奥山東一、角田延一、目時寛三、鈴木友記、東長五郎の諸氏、づらりと居並ぶ。
御話をうけたまわらんとて、上級の生徒を休ませて、引きつれたり。之を諾(だく)されよという。話す種はなけれど、いやとも云えず。生徒十数人来り並ぶ。われ大(おおい)にまごつきぬ。如何(いか)なる事をか、しゃべりけん。
相澤寧氏は医者にして俳句をよくす。暁村(ぎょうそん)と号す。日本派の俳人也。余を迎うるの句をおくらる。珍しや、今迄は、到る処、ただ乞(こ)われしのみなるに、受けたるは、これが始めて也。

 ここにて、春汀の書に接し、はじめて天渓(てんけい)の児(こ)の病死を知る。迎いの馬車にのりて三本木にいたる。『山の神』なお在り。安野旅館に投(とう)ず。六日ぶりにて、春汀と相逢える也。

 この夜、一心亭に催(もよお)せる三本木有志者の歓迎会に赴(おもむ)く。堺三木人、川崎新兵衛、岩館精素、大島市太郎の四氏発起人となり、畜産学校の校長高尾角次郎氏、その教員の佐藤、木場、板持、佐藤、久嶽諸氏、開墾会社社長の杉山克己氏、その社員の一戸義昴氏、その他、土屋廣氏、波岡喜代松氏等、之に我等の一行、三浦氏、江渡氏、『山の神』も加わりて、凡(およ)そ二十余人相会す。
岩館氏歓迎の詞(ことば)をのべ、余之に答う。大いに飲む。女中の外に、二、三人の歌奴(かぎ)をも見うく。久嶽(ひさたけ)氏は、同郷の人にして、第一高等中学校時代の学友なるが、幾(ほと)んど二十年ぶりにて相逢える也。

<参考>青色について
幽禽(ゆうきん)・・森にひそんでいる鳥
法奥沢村・・後に十和田湖町、現 十和田市
(ひ)いて・・まねいて
天渓(てんけい)・・=長谷川天渓、共に十和田を清遊する予定だった
歌奴(かぎ)・・芸奴


「蔦 沼」
当時は「湯沼」といわれていました~
(1町は約100m。現在の遊歩道は、蔦温泉旅館から蔦沼まで約500mです)




 「十和田市現代美術館
 青森県十和田市、当時は三本木


「アート広場」
 (青森県十和田市)

~明治41年9月6日 三本木(現 十和田市)を出発する朝、宿泊していた安野旅館の庭で写した一枚~
後列左から、太田吉司(30歳)、桂月(39歳)、鳥谷部春汀(43歳)、江渡省三(41歳)
 前列左から、平福百穂(31歳)、三浦道太郎(39歳)
 中央の少年は、道太郎の長男で後の農林大臣 三浦一雄( くにお、13歳)

  


11 太素塚(たいそづか)




「太素塚」(青森県十和田市)


新渡戸傳(右)と十次郎の像」


「新渡戸稲造の像」(太素塚敷地内)
(文中「新渡戸博士」)
 三本木、今は可成(かなり)の都会なるが、四、五十年前までは、家無(な)かりき。実に安政年間、南部藩士、新渡戸傳(にとべつとう)氏の開拓するところに係る。一偉人と云ふべし。其の長子(ちょうし)十次郎氏も、政治家の器也。父を助けて、其業を大成せり。今の新渡戸博士は実に、その十次郎の子也。
余等(よら)を歓迎せられたる堺三木人(さかいみきと)氏は傳氏の季子(きし)也。容貌態度、西園寺(さいおんじこう)に似て、長者の風あり。新渡戸博士が英文の日本武士道を著はして、日本武士の為に気を吐きたるも、思えば、家庭の素因の深き哉(かな)

 九月六日、朝早く、畜産学校々長、高尾角次郎氏に案内せられて、其学校に赴き、残る隈(くま)なく見て、精(くわ)しき説明をうけたり。
帰って、更に畜産事務所に開ける青年会に赴き、春汀と余と演説す。堺氏、高尾氏、岩館氏、川島氏など、青年以外の人も多く集まれり。

 畜産事務所の側に、太素塚あり。これ実に偉人新渡戸傳氏を葬れる処也。左に小龕(しょうがん)あり。十次郎氏の霊を祀る。墓の後は芝生ひろく、眺望ひらけたり。ここを瀬戸山と称す。南は名久井岳を望み、北は恐山一群の山を望む。東は海に連なりて、尽くる処を知らず。西は八甲田山より十和田湖につづける一帯の連山、この日は、雲にかくれたり。近きは三本木野、世に名だたる牧場とて、万馬秋肥えて、千里の長風に嘶(いなな)く。奥州の風致(ふうち)、雄にして大なる哉。

 春汀は、余が空しく三日待たせたるにもより、その他いろいろの事情にもよりて、八戸の有志者の歓迎会に赴くを得ず。余、百穂と共に赴く。待ち設けられし春汀は行かず。天渓は旅に上るを得ず。文人にては、われ一人行く。八戸人士の失望は、いかばかりなりけむ。
春汀と別(わか)る。この日頃、迎えられ、案内せられ、また送られし三浦、江渡、太田の三氏とも別(わか)る。われ謹んで諸氏の好意を感謝す。

 乗合馬車にのりて、三本木を去りぬ。大島氏は途(みち)まで送らる。岩館氏は、古間木驛(ふるまぎえき)まで送られ、一亭の楼上(ろうじょう)に小酌して別(わか)る。川崎新兵衛は、なほわれら二人を送って、同じく汽車に乗る。

<参考>青色について
長子(ちょうし)・・はじめに生れた子、ふつう男子にいう 
季子(きし)・・末の子
西園寺候・・明治大学を創立
(がん)・・仏像を納めるため、岩壁を掘りくぼめたところ



12 物見岩(ものみいわ)




 「本八戸駅」(当時の駅名は八戸駅
(八戸駅から岩手県久慈駅間の八戸線にあります。また駅舎の上が線路です)


「陸奥湊駅(青森県八戸市)
(八戸線にあります。湊駅前には魚市場が並んでいます)


「イサバのカッチャ」像(陸奥湊駅前)
 


物見岩(ものみいわ)」(青森県八戸市)


物見岩から見た八戸工業地域」
(周囲の樹が伸びて当時の眺望はかないません)


蕪島(かぶしま)」(青森県八戸市)
(ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定、2013年三陸復興国立公園に指定されました)
 八戸は、もと南部支藩(なんぶしはん)のありたる処、人口ニ万、盛岡以北、陸奥(むつ)東部唯一の大都会也。陸には汽車つづき、海には鮫港をひかえたり。新聞二つあり。『はちのへ』と云ひ、『 奥南新報 』という。町にて一寸(ちょっと)人の目につくは、三日町、六日町。廿日町など。日数を名に負いたる町の多きこと也。

 尻内驛に下(おり)れば、浦山太郎兵衛氏来り迎ふ。『はちのへ』新聞の主筆女鹿左織(めがさおり)氏、取締役の大島勝三氏、奥南新報社長の関野重三郎氏、印刷会社長の浦山十五郎氏、書師(しょし)の伊藤富三郎氏なども来り迎う。八戸驛を過ぎて、湊驛に下り、更に乗合馬車に乗る。三本木よりの余等(よら)三人の外に、浦山氏、大島氏と同じく乗る。大島氏は、前日、わざわざ三本木までわれらを迎へに来りて、空(むな)しく帰りたる由(よし)也。

 鮫港の人家つくる処にて、馬車を下り、物見岩(ものみいわ)さしてゆく。洋服の一紳士、遠眼鏡(とおめがね)を肩にかけて来たる。北村益しとて、八戸の町長、『はちのへ』新聞の社長、その他三十余種の長をかねたる、八戸第一流の富豪なりとぞ。

 鮫港は、蕪島(かぶしま)を前に控えて、風致あり。物見岩の眺望に至っては、実に雄大を極む。草ばかりの広く長き岡が海に突出したるも、既(すで)に其比稀(そのひまれ)也。東は直に太平洋に接す。南に種市山、名久井嶽、西に十和田一帯の山、北に恐山一群の山、みな遙に我に(ちょう)するが如し。所謂一望二十万石の奥東の野(おうとうのや)一眸(いちぼう)の中に収まる。日、西に沈みて、暮雲(ばくうん)紅に、十ニ夜の月、空にありて、はや明(あきら)か也。この物見岩の大観は、われ思ひもかけず、見て、其意(い)想外(そうがい)なるに驚きぬ。

 鮫港第一の旅館石田旅館に小憩(しょうけい)し、また馬車に乗りて、小中野の万葉亭にいたる。北村益、橋本八右衛門、女鹿佐織、内田與兵衛、大久保徳治郎、石橋源三郎、安並正晴、米田宇兵衛、南部興寧、福士協助、伊東嘉平、大久保忠一、夏堀源一郎、戸田利三郎、大蘆(おおあし)梧楼、関野重三郎、福田男児、永井正三郎、浦山十五郎、伊藤富三郎、大島勝三、前山利貞諸氏之に例の浦山老人も加わり、三本木の川崎氏も加わりて、盛宴(せいえん)開かれたり。
女鹿氏開会の辞をのべ、余之に挨拶す。大小歌奴十七、八人あらわれたり。数日来(すうじつらい)、山中に猿鶴(えんかく)を友とせし身に、これは、また急激の変化哉(かな)。安並氏はこの地の中学教員なるが、余と郷里を同じうす。三千里外、始めて相逢う。何となく、なつかし、余等を迎ふる長古一篇を贈らる。南部氏は、旧八戸候の一族、俳句をよくす。余に一句贈らる。大蘆氏は偶然汽車中にて逢ひて、盛岡より知り合いとなりたる人也。木材商にして、今は八戸唯一の煙突を有せるが、根は政治家にして文筆の才もありと聞く。酒間、余に向ひて、

  大町に待ちし甲斐ある今宵かな 
       桂の月に雲もかからで

 楼外の名月を見るの遑(いとま)もなく、酒盃(しゅはい)の献酬に忙殺せらる。浦山老人自作の『夕ぐれに』の替歌を聞かせ申さんとて、歌奴(かぎ)に歌はしむ。松前追分も聞きたり。南部特有の踊りもいろいろ見たり。中に面白く感じたるは、金山踊り。数人の歌奴圓くなり、頬被りし、たすきを掛け、紅裙(こうくん)をあらわし、ざるをさげて、静に踊りながらめぐる。むかし鉱山の発見せられし時、始めて作りて、南部候の御覧に入れたるものなりとぞ。

 宴を辞して馬車に乗りたるは、十二時頃なりけん、八戸の町に入り、江渡旅館に案内せらる。
第二次会終りて、大島氏去る。第三次会は、更に帳場に開かれたり。浦山老人もあり、川崎氏もあり。女将、年まだ若くして、性(せい)(けい)也。嬌眸、人を悩殺す。その緑滴(したた)らむばかりの廂髪(ひさしがみ)、浦山老人の白髪白髥(はくぜん)と、燈火(とうか)に相映発す。戯れに即興の狂歌をつくる。

  八戸に過ぎたるものが二つあり
         江渡の女将と浦山太郎兵衛

 浦山氏は、奥州稀有(けう)の活動家也。気力、指の先までも迸(ほとばし)る。あまねく富源をさぐり、さまざまの事業を企て、失敗しても屈せず、巨産を傾けても顧みず、老いて、気益々壮(さかん)也。啻(ただ)に八戸の名物たるのみならざる也。

<参考>青色について
(ちょう)する・・向かってくる
一眸(いちぼう)・・一望、広い景色などを一目で見渡すこと
小憩(シょうけい)・・ちょっと休むこと
歌奴(かぎ)・・芸奴
(けい)・・気がきいて賢い
稀有(けう)・・まれなこと
白髥(はくぜん)・・白いひげ

  


13 蛇脱穴(じゃぬけあな)
 都より路伴(ろはん)なる百穂に別(わか)れ、三本木の川崎氏とも別れ、われひとり大久保徳次郎氏とともに、馬車に乗りて、その所有の大理石の山に赴く。
その子徳五郎氏、同じく行く。中学の一年生也。身体小にして可憐なる少年也。父は剛骨(ごうこつ)あり。子は神経少し敏(びん)に過(す)ぐ。対照面白し。車を通せざるに及びて、徒歩して其の山にいたる。
大理石を掘りだす様を見て、番小屋に入り、酒肴(しゅこう)(きょう)せらる。昨日は紅楼(こうろう)、今日は山奥の掘立小屋、場所が変われば、酒の味も変わりて、面白く感ぜらるる也。
大久保氏は、長谷川英治、野呂(のろ)彦太郎、福井相吾郎の三氏と共に、ここに大理石採取を企てて、日なほ浅し。福井相吾郎氏在り。その説明する所によれば、ここの大理石の如き大材を得るは、他の比稀(ま)れ也。一箇年百万切を採取するも、百箇年以上継続するを得べしとぞ。

 小屋を辞して、蛇抜穴にいたる。物の本にあらわれたるもの也。渓流、石灰岩の大巌を貫(つらぬき)て流る。長さ十間、水の深さ腰を没す。洞中(どうちゅう)を流れ居るが、一風かわりて面白き也。
更に伊閉穴(いへいあな)にいたる。立ちてゆくを得べし。幅は、せまし。。忽(たちま)ち下り、忽ち下る。十間ばかりにして引返す。穴に入ると知らば、火を用意して来るべかりし也。

 馬車に迎えられて、八戸なる大久保氏の家にいたり、大いに饗せらる。浦山老人も来(きた)る。爛酔(らんすい)して旅館にかえりしは、既に十二時をすぎたりけん。




「八戸キャニオン」(青森県八戸市)
(ここに蛇抜穴がありました)
~当時の蛇脱穴、閉伊穴は、鉱山の採掘作業の進行によって失われました。2012年の海抜はマイナス170mです~
<参考>青色について
剛骨(ごうこつ)・・意思や信念が強くゆるがないこと
爛酔(らんすい)・・=泥酔


14 十和田湖畔の十五夜



重要文化財 「長勝寺三門」

重要文化財「銅 鐘」(青森県弘前市長勝寺)
(文中「北条時頼の造らせたる鐘」)


「唐糸御前像」(青森県藤崎町)
(文中「時頼の妾

 
 「鉄のわらじ」(十和田神社)
南祖坊の伝説に因んで奉納されています


「銚子の滝」(秋田県鹿角市)
(文中「銚子瀑」。明治30年に運転を開始した銚子発電所がすぐ近くにあります)
 われ八戸に二泊して今日は立ち去らんとす。大島氏、大蘆(おおあし)氏、女鹿(めが)氏など来たりて別(べつ)(じょ)。八戸驛にて、大久保徳冶氏に別(わか)れ、尻内驛にて、浦山氏にも別れていよいよ一人の旅の身となりぬ。
余は既(すで)に東面より十和田に上りたり。更に西面より上らむとする也。尻内驛より汽車に乗り換えて、青森を過ぎ、弘前に至りて、岩木山を仰ぐ。聞く、この弘前の長勝寺に、北条時頼の造らせたる鐘あり。時頼の妾(しょう、時頼を辞(じ)し去りてこの地にて病んで死す。
時頼ここに来たり、その由(よし)を聞き、供養の為に鐘を造らせたる由、記して鐘に刻(こく)せりとかや。人生、涙あり。鏡裡(きょうり)の花、水中の月、来るものは拒まず、去るものは追わず。追わずとて、忘るるにあらず、忘れずとて、未練あるにあらず。時頼も亦涙の人なる哉(かな)。この夜、碇ヶ関にやどる。

 明くれば、九月九日、旧暦の八月十五日也。再び十和田湖畔に至り、ひとり静(しずか)に中秋の月を賞(しょう)せむとて、心勇む。
午前八時発足(はっそく)し、小坂銅山を経、鉛山を越えて、午後七時、銀山の旅店(りょてん)に投ず。この路、十二里と称す。されど、実際は十里くらいのものなるべし。ここに唯一つの旅店あり。直に水に臨む。孵化(ふか)を経営せる和井内氏の兼業とする所也。この夜空くもりて、心に期(き)せし月は見るに由なかりき。
 
 九月十日、銀山を発し、鉛山を経て、発荷(はっか)にいたる。この路二里と称す。五戸よりする路も、三本木よりする路も、小坂よりする路も、毛馬内(けまない)よりする路も、馬通ず。湖を一周する路も、他は馬を通ずれども、ただ鉛山(なまりやま)より発荷(はっか)迄、一里の路だけは、馬通ぜず。路絶えて、濱の砂を踏んでゆくことあり。危き処もありて、用心を要するの悪路也。
 発荷にも、唯一軒の旅店あり。これも水に臨む。就(つ)いて休息し、命じて、鱒を焼かしめ、一瓶の酒を傾けつくして、余は終(つい)に十和田湖に別れぬ。

 十和田湖に、一つ神話あり。八郎太郎というもの、化して龍となりて住む。南祖坊(なんそのぼう)霊夢(れいむのままに、ここに来(きた)る。八郎の龍、怒りて戦う。南祖坊法力を以って之に対す。八郎終(つい)に力屈して、去って八郎潟をつくる。南祖坊長く茲(ここ)に(ちん)す。十和田湖畔、南祖坊の祠(ほこら)あるは、即(すなわ)ちこれ也。奥羽は古来、常に圧せられたり。奥羽人士(じんし)は、常に八郎太郎なりき、されど気運はうつる。今後、南祖坊たるを得(う)るや、否やは、諸侯の努力如何(いかん)によりて決する也。

 発荷より一山を越えて、銚子瀑をみる。言いわけに、水少しあれど、水力電気に利用せられたるが為め、旧観(きゅうかん)は、ただ写真にのみ残りて、平凡なる龍となり果てしは、大いに惜(おし)むべき也。
 この夜、毛馬内(けまない)にやどり、翌十一日、大館より汽車に乗り秋田、山形、米澤、福島、二本松、白河、宇都宮を経て、われは、東京に帰りぬ。

<参考>青色について
(じょ)す・・思いをのべる
鏡裡(きょうり)・・鏡のなか
旅店(りょてん)・・宿や


  
     「五色岩(ごしきいわ)」(十和田湖)
~「この岩の赤い色は、南祖坊と八太郎(文中では「八郎太郎」)が闘った時の血で染まった…」というほのぼの伝説があります~

  


15 十和田湖の特色
 この行、日を費やすこと十八日、東より西にかけて奥羽を一周したり。川は、阿武隈川は、之をわたりぬ。北上川は、その上流を見ぬ。最上川も見ぬ。山は南部富士の称ある岩手山、津軽富士の称ある岩木山、鳥海山、月山、いづれも奥羽第一流の名山なり。就中(なかんずく)、鳥海山ひとり群を抜いて高し。奥羽の山の王なり。

 されど、余の主とせるは、十和田湖の勝を探るに在り。
ここに、十和田湖の勝景の大要をあげんに、『山湖』として最も偉大なること、一也。
奥入瀬の渓流の幽静(ゆうせい)、天下無比なること、ニ也。
湖の四周の山ばかりの樹のしげりたるは、他に比なきこと、三也。
紅葉の美、四也。
中海の断崖高く、水深きこと、他に比なし、五也。
諸島みな岩にして、松を帯びたること、六也。
奥入瀬の本流支流に高きは松見の瀧、広きは根の口瀧を始めとし、見るべき瀑(ばく)の多きこと、瀑布ばくふ)多しと称せらるる日光、塩原などの比にあらざること、七也。
その他、自籠神社(じごもりじんじゃ)の危巌、御倉山の千丈幕、御門石(ごもんいし)、畳石(たたみいし)、碁盤石、雅俗(がぞく)とりどりに趣味あり、げに、十和田湖は、風光の衆美を一つに集めたる、天下有数の勝地也。

 余は、十和田湖に遊びて、四通りの路を経過したり。
小坂よりの路と毛馬内よりの路とを取らば湖の一部を俯観(ふかん)するを得べし。されど、十和田湖より奥入瀬を取り去らば、十和田湖の勝はその一半(いっぱん)を失ふべし。且(か)つ三本木より奥入瀬渓流を経るの路は、最も平坦也。余は天下、山川を愛するの士に告ぐ。必ず往(ゆ)いて十和田湖を見よ。往きか、帰りかには必ず奥入瀬渓流を過ぎよ。
同じ道を往復するを好まずは、小坂か毛馬内か、いずれを択(えら)ぶとも、さしたる差別なし。大館より小坂銅山まで軽便電車(けいべんでんしゃ)をひらくること、近日のうちに在り。小坂より湖畔までは、凡そ四里の程(てい)也。後の遊者は、この利器(りき)によりて小坂より鉛山に来たり、ただ休屋付近を見て、奥入瀬の勝を閑却(かんきゃく)するもの多かるべし。惜むべき也。

 この度の遊行(ゆうこう)のくわしきことは、別に稿(こう)を起こし、百穂(ひゃくすい)の書を添えて、一冊となさんとす。ここには、ただ大要(たいよう)略記するだけ也。

 終(しまい)に臨みて、余は余を導きたる春汀に感謝し、併(あわ)せて、余にいろいろの好意を寄せられたる三戸、上北二郡の諸人士(じんし)に感謝するもの也。

<参考>青色について
就中(なかんずく)・・その中で
幽静(ゆうせい)・・奥深くもの静かなこと
瀑布(ばくふ)・・滝
雅俗(がぞく)・・みやびなことと、ひなびたこと
俯観(ふかん)・・高い所から見下ろす
一半(いっぱん)・・半分
閑却(かんきゃく)・・なおざるにすること
百穂(ひゃくすい)・・平福百穂

「秋の十和田湖」


 「新緑の奥入瀬渓流」


「冬の奥入瀬渓流」